Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
飲食体験記

ジビエ料理とワインの濃厚コース。銀座「タテル・ヨシノ」【飲食記】

「タテル・ヨシノ銀座」(フレンチ・銀座)

予算:1人5000円〜(ランチ)、11000円〜23000円(ディナーコース)

IMG_1664_R

レストランの入っているビルの外観。

IMG_1667_R

アーバンな夜景が見えつつ、客席スペースもゆったり。

IMG_1666_R

まずは、アミューズひとくちパンサクッと。

IMG_1685_R

柑橘系のジュレ。ミントの香りとともにさっぱりと。

IMG_1672_R

ホタテ蒸し。泡のソースと絡めて、香ばしさとコクが広がりつつも、後味さっぱり。

IMG_1673_R

野菜スープ。こちらもコク深く、かつさっぱりとした味。

IMG_1674_R

テリーヌ。お肉ぎっしりで、赤ワインと良く合う、濃厚な旨味。

IMG_1675_R

キャベツと黒トリュフ。これでもかとぎっしり詰まった薄切りトリュフは、流石に香りも超濃厚です。

IMG_1668_R

ムース。ビーツの甘み、香りが、とてもさっぱり。

IMG_1677_R

的鯛のフィレ。ニンジンのソースで、爽やかな酸味と、後味さっぱり。

IMG_1678_R

看板メイン料理の、ジビエのトゥールト。豚の血を和えたソースとともに。

ジビエは、猪など、数種類の獣肉を挽き肉にして混ぜているのだとか。

IMG_1679_R

今まで食べたフレンチの中でも、かなり主張が強く、個性的な一皿でした。

肉の臭みを取り払うというよりも、むしろぎっしり凝縮させてトリュフの香りと混ぜて超濃厚に仕立て上げた感じです。

正直に言えば、好みが分かれそうに感じますが、それでも濃厚な肉料理を「体験」として味わいたい人には、是非一度食べてみて欲しいと思うような味わい。

IMG_1671_R

パン。自家製で、小麦の風味もよく、ちゃんとしたバターが添えられていて、とても美味しい!

IMG_1686_R

デザート。甘みもガツンとパンチが効きつつ、アイスやジュレ、ソースとの組み合わせしつこく感じさせない不思議。

「タテルヨシノ銀座」はスイーツの評判が非常に良く、個人的にも楽しみにしていた一品なので、期待を裏切らないクオリティ感激。

IMG_1687_R

さらに、食後には紅茶とお茶菓子で、さっぱりと。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★★★☆☆】

一番印象に残った一皿は、やはりジビエのトゥールト。

濃厚な香りとコクのダブルパンチは、強烈な食体験をもたらします。

一方で、全体的には16500円コース、グラスワインが一杯2000円前後(総額18500円程度)、という価格設定を加味すると、

正直に言ってしまえば、場所代が7割くらいかなぁ、という感じ。

トリュフはこれでもか、というぐらい使われているので、「とにかくトリュフが大好きな人」には刺さる(・・のかなぁ)。

ディナーコースに何を求めるか、によって、人によっては評価が分かれそうな印象。