Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
岩波ランキング

純米大吟醸4種(獺祭ほか)を飲み比べ!一番旨い日本酒はどれか!?

プロローグ

あわせて読みたい
獺祭2割3分と他の日本酒の違いを徹底比較!本当に10倍美味いのか!?プロローグ~飲み比べに至った経緯~ 「カンブリア宮殿」でも取り上げられた、圧倒的人気の純米吟醸酒「獺祭」。 精米歩合50...

先日、「獺祭2割3分」他の日本酒(純米酒、吟醸酒など)との飲み比べの記事がご好評を頂いたので、

今回は純米大吟醸ランクに絞って、「獺祭23」「獺祭39」「古都のいずみ」「梵SPECIAL」の4種類飲み比べてみようと思う。

まずは一本ずつテイスティングしていって、その後、「目隠し4種飲み比べ当てゲーム」をしてみた。

 

1.梵SPECIAL(精米歩合50%、アルコール15度)

20160228093316.jpg

まずは、広島で購入した「梵 純米大吟醸」300ml(約1.7合)で600円程度(1.8l換算で3600円程度)と、純米大吟醸としては買い求めやすい価格帯。

実際に飲んでみると・・

飲み口がとてもサラッ・・としていて、水のよう。甘み、リンゴ系の香り、そして後からスッ、と来るアルコール感。

とても飲みやすく、サラサラっと飲めてしまう、という感じ。辛口・濃厚好きな人には「薄い」と感じるかも

冷でさっぱりと美味しく、女性にもオススメ出来る一杯。

 

2.古都のいずみ(精米歩合40%、アルコール17度)

20160228093332.jpg

次は、金沢で購入した「古都のいずみ」180ml(1合)で900円程度(1.8l換算で9000円程度)と、かなりの高価格帯。

飲んでみると・・

一口目から、ブワァッ・・!と広がる、奥行きのインパクト。ツン、と来る濃厚でクセのある匂い。強めの甘み。風格がある。

こちらは全体的にかなりクセの強い味でした。特に鼻の奥に抜けるツンとした独特の匂いが、人によって評価が分かれそうなところ。

匂い言葉で例えると、言い方はアレですが、ちょっとワキガっぽい・・)

こちらは冷で、ちびちびと飲るのが良さげな一杯。

 

3.獺祭3割9分(精米歩合39%、アルコール16度)

20160228093512.jpg

今度は、「獺祭39」180ml(1合)で600円程度(1.8l換算で6000円程度)と、やや高め価格帯

飲んでみると・・

飲み口サラッ、さっぱり。香りも甘みも含め、「梵SPECIAL」と味が似ているが、コク、まろやかさはこちらに軍配。

「梵」とかなり似た味なので、こちらも冷でさっぱり、女性にもオススメ

 

4.獺祭2割3分(精米歩合23%、アルコール16度)

20160228093529.jpg

そして最後に、「獺祭23」180ml(1合)で1000円程度(1.8l換算で10000円程度)と、かなりの高価格帯

飲んでみると・・

ハチミツのような、舌に広がるコク。さっぱりしつつも、深みがあり、3割9分よりも、さらに洗練された味わい。

一言で言うなら、流石の貫禄。

純米大吟醸クラスで飲み比べてみると、改めてその凄味を感じるような、そんな一杯。

こちらも、で飲むのが一押しな感じです。

 

BONUS ROUND~目隠し4種飲み比べ当てゲーム~

20160228093546.jpg

今回も、おまけコーナーとして、協力者1名とともに、

4種類の酒を同じグラスに注ぎ、目隠しシャッフルして飲み比べ、当ててみた。

20160228093258.jpg

その結果、「古都のいずみ」「獺祭23」は2人とも正解したものの、

「獺祭39」と「梵SPECIAL」は2人とも逆に答えてしまったので、

それだけこの2本は味や香りが近い、という結論に。

 

結論

今回、純米大吟醸4種を飲み比べてみた結果著者なりの結論としては、

・コスパを重視して選ぶなら、「梵SPECIAL」。

・飲みやすさと味を重視して選ぶなら、「獺祭23」。

・値段と味のバランスを取るなら、「獺祭39」。

・主張の強い濃厚な一本を選ぶなら、「古都のいずみ」。

といった感じです。どの4本にも良い部分がありますね!

素敵なお酒ライフを!