Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
岩波ランキング

獺祭2割3分と他の日本酒の違いを徹底比較!本当に10倍美味いのか!?

プロローグ~飲み比べに至った経緯~

「カンブリア宮殿」でも取り上げられた、圧倒的人気の純米吟醸酒獺祭」。

精米歩合50%、35%、23%と3段階に分かれ、その中でも最も高い23%の「磨き2割3分」は1.8リットルで「10800円(定価・送料別)」という高価格。

しかしそれでも、デパートや取扱リカーショップ等では、入荷直後に売り切れてしまうほどの人気だという

あわせて読みたい
独断!コスパ重視で、普段飲みに最高な美味しいお酒まとめビール編 ビールに「何を求めるか」(キレ、のどごし、苦み、炭酸など)によって評価は分かれてくると思いますが、 僕が一番好きなのは...

一般的な日本酒でも、先日の「コスパ酒」記事で紹介した越後桜など、1000円代で買えるものは多い。

20160128125829.jpg

「獺祭」は値段が1ケタ変わるのに値するほど、本当に10倍美味いのか?という疑問を抱いた。

20160128125845.jpg

それならば、実際に他の日本酒と飲み比べて検証してみようと思い、「磨き2割3分」(1.8リットル)を早速購入。

他の色々な日本酒と飲み比べてみようと思う。

(※温度は冷(10℃前後)で、全て口開けで比較。)

 

ROUND1~「獺祭2割3分(精米歩合23%)」VS「越後桜 特選純米(72%)」~

20160128125811.jpg

まずは「コスパ酒」記事にも登場した「越後桜」と対決

「越後桜」は純米酒の中でもコスパに優れ、味も安定している、量を飲む人には嬉しいお酒。

20160128125758.jpg

早速飲み比べてみる。

20160128125745.jpg

色合いはそこまで大きく変わらないが、交互に飲んでみて相対的に感じる違いとしては、

獺祭:ほのかに香る、リンゴのようなフルーティな香り。スッ・・と溶ける舌触り、そしてまろやかな甘み。飲み辛さがまったくない。

越後桜:ナッツのような、ツンとくる香り、辛口感がガツンと来る。アルコール感も強く来る。どうしても、獺祭の後だと雑味は多く感じる。

結論、個人的な感覚としては、(越後桜も普段飲みにはお手頃で好きだけど、)獺祭の方が飲みやすくて美味しい

ただ、獺祭が10倍美味いかどうか、は人によって評価が分かれそう。

 

ROUND2~「獺祭2割3分(23%)」VS「花の舞 原酒(60%)」~

20160128010156.jpg

次に登場してもらうのは「花の舞 純米(しぼりたて原酒)」1.8リットルで2500円前後精米歩合60%と、越後桜よりもやや高め

Amazonでの評価も高く、コスパも良くて美味しい!と評判のお酒。

20160128010100.jpg

早速飲み比べ開始。なお、今回の「花の舞」は原酒なのでアルコール度数は18度と高め

20160129121540.jpg

獺祭との相対的な違いとしては、

花の舞:ナッツのような香りが強く、酸味も強い。濃厚な香りで、やや辛口。

個人的な感覚では、お互いの良い部分の住み分けが出来ている感じで、競い合うというよりも、補い合うような味わい

どちらの方が美味しい、という関係性ではないような感じ。

 

ROUND3~「獺祭2割3分(23%)」VS「喜多屋 しずく絞り(35%)」~

今度は、同じ価格帯(1.8リットルで10000円前後)で、精米歩合が高いライバル酒と比較してみようと思う。

今回用意したのは、大吟醸「喜多屋 極醸 しずく搾り(35%)」。

20160129121227.jpg

早速、交互に飲み比べ。しずく酒系で精米歩合も高いお酒同士なので、味わいもかなり近い

獺祭:喜多屋と比べると、若干、辛口め。やや、ツンとした香り。

喜多屋:フルーティな香り、舌触りなど、ほぼ同格。獺祭と比べるとほんのり甘く、やや、まろやかな味わい。

個人的な好みとしては、(どちらか、と言われたら)若干まろやかな「喜多屋」に軍配。

でも、もうここまで来ると、ぶっちゃけどっちも同じくらい美味しい

 

BONUS ROUND~目隠し4種飲み比べ当てゲーム~

20160129121608.jpg

おまけコーナーとして、協力者1名とともに、

4種類の酒を同じグラスに注ぎ、目隠しシャッフルして飲み比べ、当ててみた。

20160129121555.jpg

その結果、「越後桜」「花の舞」は2人とも正解したものの、

「獺祭」と「喜多屋」は2人とも逆に答えてしまったので、

それだけこの2本は味や香りが近い、という結論に。

 

結論

精米歩合23%の純米吟醸酒「獺祭2割3分」

精米歩合60%~70%程度の日本酒とは、味や香りの差を大きく感じさせたものの、

精米歩合35%の吟醸酒「喜多屋」とは、味も香りもかなり拮抗していて、著者は目隠しすると間違えてしまうほどだった。

つまり、精米歩合のパーセンテージの違いが、35%~23%の開きだと、味や香りにそれほど大きな差は見られない、と推定できる。

とはいえ、この「獺祭 2割3分」はめちゃくちゃ美味しい。

せっかく獺祭を買うなら、一番高いランクで飲んでみたい、という方にはおすすめ出来るレベルの味だと思う。

しかし「獺祭」シリーズは超絶人気のため、近場の酒屋やデパートを巡っても、どこも売り切れ、という事態も多い。

著者のように、そのストレスや交通費や時間の手間を考えたら、Amazonで購入、というのも1つの手。

ミニサイズ(180ml)の獺祭シリーズ飲み比べセットなどは、比較的値段も手ごろで飲み比べを楽しめる、素敵なセット。