Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
飲食体験記

【NY有名店】本物の名店。老舗「キーンズステーキハウス」【飲食記】

キーンズステーキハウス

予算:一人6000円~8000円程度(ランチ)

マンハッタンの一角に静かに店舗を構える老舗の名店「キーンズステーキハウス」

品格漂う、静かで落ち着いた店内。都会の喧騒も忘れてしまうほど上質な空間です。

スタッフの方も礼儀正しく紳士的な接客をして下さいます。

天井には無数のパイプがあり(写真が少し見辛いですが)、このちょっとレトロな雰囲気も好きです。

テーブルに付くと、ナプキンの折りたたみ方も丁寧で、流石

自家製レモネードも美味パンも焼き立てフワフワ

ロブスターのビスク。ここでようやく、”本物”に出会えました。

これは、最高に美味しい・・・。

ステーキは、定番のポーターハウス(2人前)を注文。

店内の照明ではちょっと分かりにくいので・・・

パシャリ。

600g以上はあり、二人で食べてもしっかりお肉だけでお腹が膨れる特大ボリューム。

早速頂いてみると・・・

まず、表面のカリッと香ばしい焼き目。

次いで、じゅわっ、とお肉の水分、旨味、甘味。

そして、良質な岩塩のシンプルな塩味。

こ、れ、は、旨い・・・・。

反対側から見ると・・

パシャリ。

この、骨付きの部位もまた、ジューシィで罪な味です。

赤身も多めなので、完食してお腹いっぱいになっても、全くもたれませんでした。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★★★★★】

シックで落ち着いた、上品な店内。

「ジェントルマン」という表現が最も的確な、スタッフの方の洗練された接客。ベン何とかっていう他店と違って

パン、ドリンク、スープ全てが自家製で丁寧に作られており、特にロブスタービスクまさに”本物”何とかジャミンっていう他店と違って

「ポーターハウス」ステーキは圧巻のボリュームでありながら、ジューシィで香ばしく、あっという間になくなってしまう程の絶品べ何とかミンっていう他店と(もうやめよう)

まさに、最高のステーキハウスでした。

NYに来てステーキハウスに行くなら、「キーンズステーキハウス」一択です。