Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

北海道札幌市の無限の魅力。ザンギ、ボタン海老、白老牛。〜グルスポ紀行〜

「徳寿しんら亭」編

北海道産の黒毛和牛である「白老牛」が頂ける「徳寿 しんら亭」へ。

店内暖色系の間接照明に、落ち着いた静かな雰囲気で、自然な高級感。

個室もあり、2名席も座り心地ゆったりで、非常に居心地が良いです!

まずはキムチ生ビールで乾杯。

キムチが本当に美味しい・・・!!

自家製タレ甘みとコクのバランスも良く、食感もシャキシャキ。これは素晴らしいですね。

ビールの泡クリーミィできめ細かいです。

ああ・・・・良かった、今日はもう安心だ。

ユッケも、(最近ありがちな)「パックからそのまま出しただけ」の物ではなく、

タレ、リンゴ、卵黄上質なものをきちんと絡められています。美味。

そして今日一番驚いたのが、「ボタン海老のケジャン風」。

プリプリを通り越して「ブリンブリン」新鮮なボタン海老の食感、

スパイシーで甘じょっぱい特製タレがたっぷりと絡み・・・

これは、間違いなくここに来ないと食べられない至高の一品ですね。

「熟成牛タン」生肉から既に伝わってくる、表面のしっとりした質感、美しいサシ。もちろん美味です。

ラム肉も美味、

ホルモンも美味、とりあえず何を頼んでも全部美味しい!

カットも非常に丁寧で、お店の洗練性が伝わって来るようです。

そしてこの日、特に印象に残ったのは「白老牛の壺漬けカルビ」。

タレ漬けのお肉はもちろん、一緒に漬け込まれた野菜までが美味しいというミラクル。

お肉は質感しっとり、柔らかくも噛みごたえがあり、タレもお肉の風味も完璧です。

正直、初来訪でそのままファンになりました。必ずまた伺います。

 

「スープカレー SAMURAI」編

札幌のスープカレーでまだ行った事のなかった「SAMURAI(さくら店)」へ。

二階席へ。古民家風テイストの混じった、やや薄暗めの店内。

セットラッシー。

今回はチキンのスープカレーと、

角煮のスープカレーを注文しました。

スープに関しては、オーソドックスなタイプで、適度なスパイシーさ。

具材に関しては、鶏肉・豚肉・野菜、どれも、特に悪くもなく、特別印象に残る訳でもなく・・・普通でした。

・・・正直に言えば、行列店にしては肩透かしを食らった印象です。

追加トッピングで注文したザンギ衣サクサク、中はじゅわっとジューシー美味しかったです!

 

トリトン(再々来訪)編

札幌で定番の「回転寿司トリトン」2月のオススメを頂きに、豊平店に再々来訪。

函館産やりいか。しっとり、柔らかで上品な風味です。美味しい!

炙り塩ほたて、寒ブリ、すじこ軍艦。

トリトンに来たら、オススメ品大体安定ですね。

その他だと必ず頼むのが炙りえんがわ(と生ビール)

カニ汁も安定です。

 

「豚丼名人」編

新千歳空港内「ドライブインいとう豚丼専門店「豚丼名人」」へ。

バラ・ロース2種類の温玉乗せ豚丼を頂きました。

タレは王道の甘じょっぱい味付けで、全体的にスタンダードにイケる味です。

空港内で昼食を頂くには程よいお店ではないでしょうか。

キャベツ山盛りバージョンも。