Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

京懐石に、炭酸泉。川沿いに佇む長湯温泉の宿「丸長旅館」【大分・武田】

「丸長旅館」【予算:一人17500円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

コンパクトな外観の、老舗のお宿「丸長旅館」。

今回は「法師」のお部屋に宿泊。

小綺麗で、落ち着く広さ8畳和室。奥の間から外を覗いてみると・・

川のせせらぎと景観心も洗われるようです。風情がありますね。

日本有数の炭酸泉とも称される長湯温泉、初入浴です。

一見、濃厚な泉質で効能が強そうなようで、しかし入ってみると意外にライトな湯ざわり。

湯上りにポカポカ持続的に温まるタイプの泉質ではないですが、

湯当たりもしづらいため、文字通り「長湯」好きな方にはハマりそう。

 

夕食&朝食編

お夕食は個室ダイニングにて。雰囲気もモダンで素敵です。

夕食メニュー。秋の味覚満載(※)で、文字を追うだけでも心が踊ります。(※宿泊時の季節は秋でした)

おおっ!繊細で彩り豊かな盛り合わせ。これは、美しい・・。

秋の味覚がよりどりみどり

そして一品一品また、美味しい!

料理長の方のこだわりと愛情が伝わってくるようです。

引き上げ湯葉ボリュームたっぷり。

蕪のお吸い物。

お出汁の味噌は、香りも風味も上品です。

お造り、そして「エノハ(ヤマメ)」は食感もプリプリで瑞々しいです

椀物は、豚角煮お野菜ホロッホロ完璧な柔らかさ。

ダシまで飲み干せます。

エノハの唐揚げ、天ぷら。

ううむ・・どれも美味しい!

と、ここで意外な一品「ほんの一口ビーフシチュー」。

サラッ、としたスープは、上品なダシが効いて、もはや「和懐石の一皿」としての様相。

これは、美味しい・・・。

冬瓜(とうがん)饅頭、亀甲(きっこう)餡。割ってみると・・

海老、椎茸、銀杏。

甘み、旨み、とろみが絡まり・・舌鼓、舌鼓。

〆のお茶漬けまで、どれも美味しく堪能させて頂き、大満足。

デザートは、マロンのクリームブリュレ。ちゃんと美味しい!

朝食も、一見しただけで伝わって来る、抜群の安心感。

見て安心、食べて安心。

お豆腐もボリュームたっぷり!

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★★★★☆】

小綺麗で、落ち着く広さ8畳和室は、川のせせらぎと景観で癒されます。

日本有数の炭酸泉とも称される長湯温泉は、今回が初入浴でしたが、

一見、濃厚な泉質で効能が強そうなようで、しかし入ってみると意外にライトな湯ざわりでした。

湯上りにポカポカ持続的に温まるタイプの泉質ではないですが、

湯当たりもしづらいため、文字通り「長湯」好きな方にはハマるのかな、と感じました。

ただ一点、お湯の温度が(38℃以下の)かなりぬるめで、湯上りに体が冷えてしまった事が残念でした。

お食事秋の味覚が彩り豊かに盛り付けられ料理長の方のこだわりと愛情が伝わってくるようでした。

全ての品目が、本当に美味しかったです。

お食事を最重視される方には、まず間違いなくオススメのお宿です。