Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

長崎7大グルメと島原温泉。海見露天風呂の「ホテル南風楼」【長崎・島原】

「ホテル南風楼」【予算:一人17500円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

「ホテル南風樓」(洋室ツイン)に到着。お部屋は比較的清潔感が。

室内の椅子は、割とちゃんとした作りです。

窓から見える景色まずまず。

この宿の特色は、庭園でウサギが放し飼いになっているところ。仔ウサギもいて可愛らしいです。

 

夕食&朝食編

夕食メニュー。赤文字で記されているのが「長崎7大グルメ」の品目との事です。

・・・・・・

・・・

着席時、最初から多くのメニューが出揃っているパターン・・・この地点で、黄色信号を感じます。

お造り。・・・まだ、特別おかしな点がある訳ではありません。

焼物。食器と配置に関するツッコミどころは置いておいて、頂くと・・

パサパサで水分の抜けた風味ムッと来る臭い。

ああー・・・・。(察し)

お肉は、「スーパーで売っていればイケる方」ぐらいの品質です。これ前にもどこかで言ったな・・。

付け合わせのお塩は、何と!「イオン交換膜」という現代文明の象徴たるテクノロジーを駆使した、それはそれは特別なお塩です。・・・岩塩?何それ?

「海老黄金焼」。・・・ノーコメント。

ローストビーフ。・・恐らく、見た目からでもある程度、雰囲気感が伝わってくる感じではないでしょうか。明言は避けます。

炊き込みご飯。この日のメニューの中では、(相対的に)最もベターな風味でした。

島原手延そうめん。こちらは、個人的にも楽しみにしていた品目です。

(大丈夫、きっと美味しい。)

(信じよう、職人さんが一生懸命作った麺だから、きっと美味しい。)

茹で加減もきっと、いい感じに・・・)

麺をお箸で掴んでみると。

ゴソッ・・と塊で出てきて、ブチブチッ・・と重力で千切れていきました。

(※この瞬間の脳内BGM:「夜の底にて」(クロノトリガー))

デザート。・・ノーコメントです。

朝食バイキング形式。

ご飯の炊き加減は・・・写真から察知して頂けたらよろしいかと存じます。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★☆☆☆☆】

まず最初に、(それでも)フォロー出来る要素を挙げ尽くしておきます。

大浴場露天風呂の「眺望」(オーシャンビュー)は決して悪くなかった点と、

部屋は比較的清潔であった点、そして最後に庭園にウサギさんがいた点です。

その一方で、温泉は加水し過ぎで薄く、体が全然温まらず、お食事に関しては、最早コメントする気力も失せてしまいました。

これがもし、1泊2食付で、1人5000円を切っていれば妥当だと感じたでしょう。

(この宿が現実には1泊1人17500円以上する事を踏まえて、)

このホテルの経営者の方は、果たしてご自身が、身銭を切ってこのホテルに泊まろうと思えるのでしょうか?

(これは嫌味でも何でもなく、)ちょっと一度実際に泊まって客観的に見つめ直した方が良いと、本気で思います。

今後、より素敵な宿になる事を願っております。