Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

びらとり和牛、日高の海鮮、ななつぼし。道産の感動極まる「びらとり温泉ゆから」【北海道・平取】

「びらとり温泉ゆから」【予算:一人16000円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

「びらとり温泉ゆから」に到着。

10畳和室清潔感があり、落ち着いた良い雰囲気!

窓の外の景色も・・

ああーーー・・・・・・良い。

備え付け珈琲は、なんと豆&ミル挽きスタイル!深煎りで美味しい珈琲でした。

部屋付露天。

お湯はとろみがあって湯ざわり柔らか微かに苔のような緑の香り。

かなり良いお湯です。由布院温泉と少し系統が近いかも。

せっかく外が爽やかな景色なので、もうちょっと外が見える造りでも良かったかも。

湯上がりにはハスカップワインを。酸味のパンチとフルーティな香り、上品な味です。

ガブ飲みというよりは、食前酒などに向いていそうですね。

 

夕食&朝食編

この日の夕食メニュー。

お造り。飾り付けも洗練されていて、味も全体的にちゃんと美味しいです。

オードブル三種。

茶碗蒸し。道産のウニやホタテも添えられているのがなかなか贅沢です。ダシも良い!

黒豚と海鮮の陶板焼き。

それにしても北海道はお肉も野菜も海鮮も全部美味しいなぁ・・・流石、九州の永遠のライバル。

びらとり和牛ハンバーグ。

ハンバーグ一口サイズというのが、実にニクい。

じゅわっ、と旨味たっぷりのびらとり和牛に、トロットロの道産チーズが絡み・・・これは、美味しい。

トマトとの相性も完璧です。

びらとり和牛すき焼き。

このサシの美しさ・・・高まる期待感。

レア目で頂くと、ふわっとした牛肉の舌触り、シャキシャキの野菜、優しいダシ・・・

ううむ、幸せ。

ななつぼしご飯。お米の一粒一粒が大粒で、ふっくら、モッチモチ。

お吸い物の蟹つみれも、丁寧な手作りで、身もぎっしり。

デザートミルクプリン。流石、道産の牛乳と生クリーム風味が豊か!食感も滑らかです。

もはや何も言う事がない、素晴らしい夕食でした。

朝食お膳。

珍しい「青い卵」を割って、卵かけご飯にして頂けます。味は・・正直なところ、普通の卵でした。笑

豚肉トマト鍋には十勝パルメザンチーズを贅沢にかけて。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★★★★☆】

10畳和室清潔感があり、落ち着いた素敵な雰囲気。

お湯はとろみがあって湯ざわり柔らか、良いお湯です。

お部屋露天はせっかく外が爽やかな景色なので、もうちょっと外が見える造りでも良かったかも。

夕食ではびらとり和牛を、ハンバーグとすき焼きで味わえます。

もはや何も言う事がない、素晴らしい夕食でした。

朝食はやや普通であった点と、価格帯が16000円でやや高めという点を考慮しても、

お湯と食事、という点で強くオススメ出来る宿だと感じます。