Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
飲食体験記

非売品も試飲できる「余市蒸留所」でニッカウヰスキーを飲み比べ。が、しかし・・【北海道・余市】

余市蒸留所

ニッカウヰスキーを試飲できる「余市蒸留所」へ。

観光客も大人数で来る事が多いためか、3種類の試飲カップ中身入りで大量にストックされていました。

オススメの飲み方も張り紙で発見。

「アップルワイン」→スピリッツ林檎の香料ガムシロップで割ったような激甘風味。安っぽい・・。(ちなみにワインではなくリキュール。)

「スーパーニッカ」→辛い、エグい。飲みづらくて、あまり美味しくない・・。

「竹鶴ピュアモルト」→竹鶴は元々、嫌いではない部類です。バランスの取れた風味で、この3種類の中では一番飲みやすい。

見学コースは流石に充実していて、ガイドさん音声説明をしている姿も。

ガラスケースに整然と並べられた展示品を良くみてみると・・

おおお・・・

おおお!!精巧だなぁ・・。

もう、ウイスキーがおまけのフィギュアという事で良いんじゃないでしょうか。

ピート(炭化した泥炭)って初めて見たけど、こんな石のようなビジュアルなんですね。

ウイスキーの年数ごとの色の違い見比べられる展示も。

有料試飲コーナーでは、2種類の余市を500円で試飲しました。

そしてごめんなさい、味に関しては正直に言いますが、一口飲んだ感想どちらも、

「値段に見合っていない・・・・」

シングルモルトとしては、香りの華やかさ滑らかさ、上品さといった要素物足りないように感じました。

本当に一体、どうしてしまったのでしょうか?

これが”シングルモルト”と称して数千円で販売されている事に、違和感すら覚えます。

マッカラン、

グレンフィデック、

グレンリベット、

グレンモーレンジィ、

これら全てを飲み比べた後で、それでもなお、このウイスキーを”シングルモルト”と称して、この値段で販売しようと思えるのでしょうか?

もし余市を飲んだ方がいたら、これを飲んだせいで、「あっ、シングルモルトって高いのにこんなに不味いんだ」とか、決して思わないで下さい。

上記の4つのウイスキーはどれもちゃんと美味しいですから。僕が保証します。

何というか、蒸留所のクオリティを信じていただけに、がっくり・・・な日でした。