Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

沖縄県石垣島の魅力。透海、バーガー、巨大パン。~グルスポ紀行~

ビーチ巡り編

ファミリー向けなビーチで、雰囲気を楽しみつつ砂浜でのんびり過ごすなら「マエサトビーチ」。

看板がいい味出してますね。遊泳エリアはそれほど広くはないものの、浮き輪で気楽にプカプカ浮かぶには快適です。

シュノーケリングに最適なのが「米原海岸」。人気のカクレクマノミ(ニモ)にも会えます。

遠浅珊瑚エリアも広く、ゆったりのんびり楽しめます。

砂浜間近から既に、足元を見れば綺麗な青い魚が!

ここは魚の種類も数も非常に多く、まるで水族館の水槽の中で泳いでいるような充実感気付けば数時間、あっという間です。

一風変わったビーチ体験を求めるなら、「底地ビーチ」。

非常に遠浅で、遊泳のためというよりは散策に適しています。人気も少ないので写真撮影にも。

足元を眺めながら歩くと、意外に色々な生き物がいて面白いです。

 

石垣牛バーガー編

石垣牛バーガーを食べるなら断トツにお勧めなのは「バニラ・デリ」

カジュアルで座席もゆったりした店内で、ボリューム満点のバーガーを味わえます。

BLT&エッグバーガーセット。

石垣牛ビーフパティジューシィで、脂も甘味がありしつこくなく香りも上品!

流石、精肉店直営なだけあり、お肉が本当に美味しいだけでなく、パンや他の具材もしっかりしています。

想像していた以上にハイレベルで、これ東京に出店したら確実に人気店になるんじゃないでしょうか。

限定の「モッツァレラチーズバーガー」。

溶岩のように滴るチーズ、ダブルの石垣牛ビーフパティが至高。

これもまた、罪な味ですね・・。夢中で食べ尽くしてしまいました。

 

展望台編

石垣島最北端の展望台、「平久保崎」。

海の色の分かれ目もくっきりと見えます。

この開放的な景観は、思わず飛び込みたい衝動に駆られてしまうほど。

 

カフェランチ編

石垣島人気「島野菜カフェリハロウビーチ」。窓際のカウンター席からは海を眺めつつ食事出来ます。

「パインさんぴん茶」「フルーツウォーター」など、ランチのフリードリンクも充実。

タコライスは今まで見た中でも、最も見た目がお洒落な盛り付け。

ソーキ丼お肉たっぷり、とろとろの豚肉と黄身で濃厚。男受けしそうな味です。

 

巨大パン編

石垣島には巨大なパンがある、という情報を耳にしてやって来たのが「トミーのぱん屋」。

早めに来店しないとあっという間に売り切れてしまうほどの人気だそう。

確かに1つ1つがデカい!

ベーコンエピ、あんパン購入。イートインスペースがないため車内で頂くスタイル。

1人1個食べたらもう軽く小腹は収まってしまうほどなので、1個200円台のパンでもコスパは良いかも。

巨大パンを求め、続いてやって来たのが「パンドゥミー」。

こちらのパンもやはり、1つ1つが巨大!

チョコチップパン、カレーパン購入。

割ってみると、中はふわっふわで、発酵の香りが豊か。

チョコもビター目で、大きい割にペロッと食べられて、お腹も満足!

 

ホテル編(おまけ)

今回泊まった「ベッセルホテル」。室内は小奇麗日当たり良好、ビジネルホテルよりは広めな感じです。

ロビーの無料ドリンク、無料入浴剤などサービスも充実。

朝食バイキングは、価格帯からの想像以上に美味しくてテンションUP。品目も日替わりで、朝食が楽しみに。

1人1泊予算5000円前後としてはかなりお得感がありました。

ここは本当に泊まって良かったです。