Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

岐阜県大垣市の魅力。飛騨牛、炭火で、焼きすきで。~グルスポ紀行~

飛騨牛(炭火焼)編

岐阜に来たらまずはとにかく飛騨牛を!という事で、「末広精肉店」へ。

「肉牛の部 最優秀賞」・・おおお。

100gで600円、700円・・・って、え?

「安くない!?あの飛騨牛だよね?」

・・というのは、どうやら素人の感覚らしいです(地元の方、談)。

飛騨牛A5ヒレなんて、これもう東京で食べたら普通に2万超えじゃなかろうか。安い・・。

今回は飛騨牛ミスジヒレを。



まずは「ミスジ」を、炭火七輪にてじっくり、じっくり・・

コロン、ジュゥッ・・

見返り美肉。

まずは何も付けずに、お肉の味そのまま口に運んでみると、

ふわっ・・歯ざわり。次いで、じゅわっ・・と、凝縮されたような和牛の芳醇なコク、旨味、微かな甘み。

・・・・・・暫し、目を閉じ、それからようやく言葉が浮かぶ。

「ああ、旨い」と。

飛騨牛とは、かくも素晴らしき・・・。

例えばギフトに、例えば自分へのご褒美に。全身に喜びが染み渡っていく最高の牛肉、飛騨牛。

次は、何を付けて食べるべきか?

1つの答えは、トリュフ塩でしょう。

芳醇、かつ絶妙に控えめトリュフの香、そして飛騨牛。

一文字で表現するならば、「絶」。

次は「ヒレ」。

ひっくり返すと、

コロリ、ジュウッ・・

先だってのミスジ「まろやかな脂のコクと旨味」ならば、ヒレ「赤身の小気味よい食感と上品な香り」。

むむむ・・甲乙付けがたき、美味なる響宴

僕は僅差でヒレの方が好きですが、最早どちらも旨さの極致です。

 

飛騨牛(焼きすき)編

飛騨牛の、また別の美味しい食べ方「焼きすき」。

薄切りの飛騨牛モモ鉄板でじゅわ~ッと焼き・・

割下を絡めて頂くと、

とろっ、ふわっ、じゅわっ。

これもまた、至高。



飛騨牛カルビ岐阜の野菜もまた、焼きすき本当に良く合います。