Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

静岡県沼津市の魅力。中トロ、しらす、桜海老。~グルスポ紀行~

「沼津魚がし鮨」編

以前、新宿「沼津港」沼津の海鮮にすっかり魅せられて以来、今回やって来たのは本場、静岡県沼津市。

IMG_7620_R

「沼津魚がし鮨 沼津店」。曜日変わりのサービスがあり、この日はビール半額。

「静岡麦酒」はオリオン系のライトな飲み口で、さっぱり飲みやすい!

お茶粉末ながら、なかなかイケます。流石静岡。

IMG_7621_R

ランチ特選握りセット。

IMG_7622_R

ネタもしっかり厚切りで、ボリュームたっぷり。

中トロ大トロネギトロ軍艦も、文句無しに旨い!

やはり沼津で頂くマグロはレベル高し。

IMG_7626_R

カニ汁もセットで付いてきて、こちらもさっぱりと、臭くなく、飲みやすい!

IMG_7647_R

沼津ならでは生しらす、桜海老、そして蟹ほぐし身。

ううむ・・やはり美味しい・・。

IMG_7652_R

別日に再来訪海鮮丼ランチは、780円(※サービス曜日)でこのボリューム!

味は、正直に言えば握りの方がネタは良いけれど、それでもこの価格とボリューム感は凄いですね。

IMG_7648_R

ランチ天丼。こちらも1000円を切る値段で、この壮大なボリューム。

衣もサックサクで軽快、プリプリの海老天が5本も入っていて、イカ天も野菜も美味しい。

・・・これは、素晴らしい逸品です。

あわせて読みたい
東京都浅草の魅力。ジェラート、メンチ、めろんぱん。~グルスポ紀行~浅草で諸々食べ歩き編 メロンパン 浅草でメロンパンと言えば、の「花月堂」。平日オープン同時入店で、無事に行列も回避。 ...

正直、東京で2000円超えの(自称)老舗天丼屋とか、一体何だったの?と感じるレベル。

 

「山正」編

IMG_7633_R

沼津の海鮮ディナーで評判の「山正」へ。

まずは日本酒、楯の川(純米大吟醸)を頂きます。

IMG_7634_R

お通しには巻き貝、たこぶつ。

「楯の川」程よい酸味と吟醸香のバランスが取れていて、これはお刺身に良く合いますね。

IMG_7637_R

お造り10種盛り(おまかせ)。

IMG_7639_R

イカ、甘エビイケますが、マグロの美味しさはもう別格という感じですね。

赤身しっとり、滑らかな舌触りで、血なまぐさい感じも無いです。

中トロねっとり、脂もさっぱりで、吟醸酒との相性が抜群。

IMG_7638_R

炙り太刀魚、金目鯛・・と、この辺りもさっぱり美味しい。

IMG_7635_R

・・と、メニュー表を見ていると、「カサゴの唐揚げ」が!

あわせて読みたい
絶景!湯河原・熱海エリアでお湯も食事も素敵な温泉宿TOP4【第4位】リラックスリゾート(熱海)【予算:25000~30000円程度】 すのこ状の木の床が印象的な、熱海の温泉宿。離れのお...

以前、熱海の宿「竹林庵みずの」初めてカサゴの揚げ物を頂いて以来の、嬉しいサプライズ。

頭から尻尾まで、骨も全てバリボリ食べ尽くせて、そしてその骨がまた美味しいんですよね・・。

二度揚げは結構手間かかるため、普通の料亭ではなかなか置いていないレアな逸品。

IMG_7640_R

銀だら西京焼。

ほろっ、とした食感脂のノリ、甘み。上からかぼすをかけて・・・

至高。白いご飯が食べたくなります。

IMG_7642_R

握りは左から、赤むつ炙り、黒むつ炙り、コハダ、甘海老。

赤むつの炙り微かに塩が聞いていて、そのまま頂きます。

これは、美味しい・・・。

IMG_7645_R

食後のお茶も、器がお洒落で、抹茶ブレンド静岡ならではのお茶へのこだわりが感じられました。

予算一人5000円前後で、値段に劣らぬ納得のクオリティでした。

 

楽寿園編

IMG_7653_R

胃休めにブラブラと歩きつつ向かった先は、「楽寿園」

IMG_7654_R

大人一人300円の入場料で、立派な広い庭園を気ままに散策出来ます。

IMG_7658_R

庭園情緒あふれる、ミニ石橋。(※現在、川の水は全て干上がっている模様。)

IMG_7663_R

動物ふれあいコーナーではポニーさんや、

IMG_7662_R

ブタさんも。人懐っこくて、尻尾をフリフリしながら近づいて来ます。可愛い!