Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

真・日本全国で食べ物が美味しいグルメ県ランキングTOP10~グルスポ紀行編~

はじめに〜本記事の内容について〜

あわせて読みたい
独断!日本全国で食べ物が美味しいグルメ県ランキングTOP5~路上ライブ旅編~※前置き〜本記事の内容について〜 本記事は、特集「日本全国路上ライブの旅」のおまけコーナーとして、 北海道や沖縄を含め20県で色...

以前、「路上ライブの旅」という企画で日本各地を20県ほど食べ歩いた経験から、

オマケ記事として執筆した「グルメ県ランキングTOP5」記事が予想以上に好評で、今でも人気記事の一つです。

・・・が、しかし。「路上ライブの旅」をしていたのは2012年10月~2013年2月。

もう、4年も前の話なのです。

そこで今回、ランキングを完全にゼロからやり直しグルメ県ランキングをTOP10で再構築しました。

特集「グルスポ紀行」含め、あれから更に4年間かけて数十県を食べ歩いた経験を踏まえた上で。

※なお、未だに47都道府県全てを食べ歩いた訳でもなく、

また、食べたものの種類も限られているので、今回もネタ記事として鼻で笑いつつ、読み進めて下さい。

 

【第10位】東京都~ラーメン、つけ麺、もんじゃ焼ほか~

あわせて読みたい
東京都港区六本木の魅力。バーガー、つけ麺、あとケバブ。~グルスポ紀行~東京都港区六本木の魅力 と来れば、まっさきにご紹介したいのがバーガー、つけ麺、あとケバブ。 著者自身、2014年に六本木のシェア...

正直、東京都って日本各地のグルメを寄せ集めているだけで、

東京都ならではのグルメってあんまり存在しないのでは?

と、そんな風に考えていた時期が僕にもありました。

しかし、特に「ラーメン」「つけ麺」に関しては、

バリエーションの多さクオリティともに、東京都は最強クラスです。

何故なら、他県とは比べ物にならない程の激しい競争を勝ち抜いたサバイバー店舗ばかりだからです。

特に六本木「麺屋武蔵 虎嘯(こしょう)」は、今でも僕が日本で一番大好きなつけ麺屋さんです。

「もんじゃ焼」も、本場の月島で頂くと、やはり専門エリアの風格があります。

一方で、これはもう仕方がない事なのですが、東京は空気が絶対的に汚いため、食事の味はどうしても全体的に落ちてしまいます・・水と同じく、空気も含めて食事だと思っているので。

そのため、総合的にはギリギリ10位です。

願わくば、今後の技術発展で東京の空気が浄化されていく事を。

 

【第9位】広島県~お好み焼き、牡蠣、あなごめしほか~

あわせて読みたい
広島県広島市の魅力。広島焼、牡蠣、あなごめし。~グルスポ紀行~広島焼き編 広島駅に到着次第、まず速攻で向かったのは、広島焼き「みっちゃん 総本店(八丁堀)」。 「みっちゃん ...

「みっちゃん」で食べる本場の広島お好み焼きは、人生の記憶に刻まれる味。

「レモスコ」との相性も抜群なんですよね。

宮島で食べる牡蠣鍋、焼き牡蠣、カキフライも、牡蠣好きには外せないセレクト。

あなごめしなかなかイケます。

一方で、粉もの牡蠣に関しては、人によって好みが分かれてしまう点がネック。

僕はどちらも大好きなのですが。

 

【第8位】石川県~海老、蟹、鰤、カレーほか~

あわせて読みたい
石川県金沢市の魅力。蟹、海老、寒ブリ、そしてカレー。~グルスポ紀行~海鮮丼編 金沢グルメでメジャーなものといえば、まずは海鮮丼。 金沢駅から徒歩10分ほどの近江町市場。 海鮮丼で評判...

「まいもん寿司」「もりもり寿司」など、関東でも馴染みのある金沢の海鮮グルメ。

その中でも特に、海老(白海老、がすえび)、蟹、鰤に関しては、文句なしに美味しいです。

得意な種類の海鮮ネタに関しては、他県の追随を許さないレベルでしょう。

一方で、海鮮以外のグルメに関しては、バリエーションにやや欠ける印象も。

 

【第7位】沖縄県(宮古島)~雪塩、フルーツ、宮古牛ほか~

あわせて読みたい
沖縄県宮古島の魅力。蒼海、雪塩、宮古牛。~グルスポ紀行~マリンブルー編 宮古島の大きな魅力の1つは、数多く点在する個性際立つビーチ、そして陸路でアクセス出来る離島の数々。 レン...
あわせて読みたい
沖縄県渡嘉敷島と本島の魅力。オリオン、太陽、マリンブルー。~グルスポ紀行~沖縄県渡嘉敷島編の魅力 渡嘉敷島の魅力の1つは、アクセスの良さ。那覇の泊港から高速フェリーで40分。 慶良間諸島の中でも...

沖縄本島では、「ジャッキーステーキハウス」テンダーロインステーキ一票。

ビネガーの酸味が効いた「A1ソース」は、クセが強くて、でもまた食べたくなる不思議な魅力があります。

離島では、絶対に外せないのが宮古島。

雪塩、フルーツ、そして宮古牛・・計り知れない南国グルメパワー。

 

【第6位】大分県~とり天、焼きそば、豊後牛ほか~

あわせて読みたい
大分県大分市の魅力。関サバ、関アジ、活イカ刺。~グルスポ紀行~関サバ&関アジ編 大分で評判の良い居酒屋「かみ風船」。メニューの豊富さもさることながら、 日本酒「USUKI」が...
あわせて読みたい
大分県の魅力。ごまだし、とり天、地獄プリン。~グルスポ紀行~ごまだし&とり天編 ごまだしうどんで評判の「味愉嬉食堂」へ。 うどんつゆには魚のダシがシンプルに効いていて、そこ...
あわせて読みたい
大分県の更なる魅力。山女、吊り橋、金鱗湖。~グルスポ紀行~九酔渓編 九酔渓の展望台。 この眺望!紅葉の季節にも人気だそう。 「天狗の滝」や、 ...
あわせて読みたい
大分県の底無しの魅力。冷麺、焼肉、火口温泉。~グルスポ紀行~塚原温泉編 強酸性で有名な「塚原温泉」へ。 ふと周りを見渡すと、火口付近から煙がモクモクと立ち上っています。 ...
あわせて読みたい
大分県日田市の魅力。焼酎蔵に、日田焼きそば。~グルスポ紀行~日田焼きそば編 日田市と言えば、の「日田焼きそば」。有名店「三久」に到着。 早速「日田焼きそば(玉子乗せ)」を注...

大分は無論、温泉だけじゃありません!

関サバ、関アジ、ごまだし、とり天、日田焼きそば、別府冷麺、豊後牛、焼酎蔵・・

こうして書いていても、実に個性溢れるラインナップグルメ県、大分。

そして、それらの多くが、大分県に来ないとなかなか食べられない物も多く、

独自性という面でもパワープッシュしたい県、それが大分県なのです。

 

【第5位】京都府~茶、湯葉、スイーツほか~

あわせて読みたい
京都府京都市の魅力。茶、湯葉、スイーツ、あと紅葉。~グルスポ紀行~京都府京都市の魅力 京都の紅葉といえば旅行の定番ですが、古来より「花より団子」と言われる通り、 今回はあえて「地元グルメ」に特化...

お茶に関しては、言うまでもなく最強クラスです。

なかでも「祇園辻利」のお茶は、初めて一口飲んだ時に衝撃を受けて以来、

毎年秋になると通販で取り寄せて家に届くまでワクワクが抑えきれない程の逸品。

ティーバッグでもお手軽価格で、美味しいですよ。まずはこれから試してみて下さい。

食べ物も、湯豆腐、京風たこ焼き、抹茶スイーツ等、バリエーション豊か。

特に嵐山で食べた「湯葉あんかけ丼」は今でも忘れられない・・・。

京グルメが分からないという方は、ぶぶ漬けでも食べなはれ。

 

【第4位】鹿児島県~黒豚、黒牛、地鶏ほか~

あわせて読みたい
宮崎県と鹿児島県の魅力。鳥刺し、コスモス、チキン南蛮。~グルスポ紀行~えびの高原編 宮崎自動車道から山道を車で進んでいくと・・ えびの高原に到着!標高1200メートルの空気は澄み渡っ...

黒豚、黒牛、地鶏。

黒豚はせいろ蒸しポン酢、黒牛は焼肉、地鶏は鳥刺しで・・

と、三獣まとめて同時に、しかも非常に高いレベルで味わえるのが鹿児島県。

お肉に関してはもう最強の県と言って間違いないでしょう。

うなぎサツマイモなど、海鮮や野菜にも強いです。

とてつもないグルメパワーを惜しげもなく見せつける強豪、それが鹿児島県。

 

【第3位】福岡県~うなぎ、焼肉、バーガーほか~

あわせて読みたい
福岡県福岡市の魅力。もつ鍋、ラーメン、明太子。~グルスポ紀行~もつ鍋編 以前(3年くらい前)、路上ライブの旅で福岡に立ち寄った時、「もつ鍋」なるものがあまりにも旨すぎて、 また来たら絶対に食...
あわせて読みたい
苺狩り初体験!「らいおん果実園」で「あまおう」他6種食べ放題【福岡・朝倉】苺狩り初体験 福岡市内より車で30分程度の「らいおん果実園」。 一人1600円で、高級品種「あまおう」ほ...
あわせて読みたい
【第1回】福岡グルメランキング!僕が最も感動したオススメ店TOP10【第10位】サニーサイドアップ(天神) 黒毛和牛使用のグルメバーガーという事で評判の、サニーサイドアップ。 ポテトはやや...
あわせて読みたい
【第2回】福岡グルメランキング!僕が最も感動したオススメ店TOP10【第10位】天ぷらのひらお(天神) 福岡で天ぷらと言えば、特に有名なのが「天ぷらのひらお」。 揚げたての天ぷらを一品ずつ...
あわせて読みたい
【第3回】福岡グルメランキング!僕が最も感動したオススメ店TOP10【第10位】釜喜利うどん(赤坂) もつ醤油うどんのスープはコクがあり、まろやかで、美味しいです。 また、無料トッ...

「福岡と言えばもつ鍋、焼き鳥、明太子」?

今や、福岡に居を構えし者として、もう、そんな生ぬるい事は言いません。

もつ鍋や焼き鳥や明太子は、「前提」です。

もう名指しで言いますが、うなぎの「博多名代 吉塚うなぎ屋」、

焼肉の「大東園」、バーガーの「ハングリーヘブン」・・・

こういった超優良グルメ店が、福岡にはゴロゴロ存在します。本当にゴロゴロあります。

さらに苺狩りの季節には、あまおう苺はじめ様々な品種の苺の食べ比べも。

しかも、糸島エリアにも目を向ければ、肉、野菜、米、果物・・・

ほぼ全方位のハイクオリティな食材が、地産地消で、手に入るのです。

福岡、最高

しかし、ここでは私情を挟まず、ポジショントーク防止も含め、

敢えてニュートラルな視点で、(断腸の思いで)第3位とさせて頂きます。

もう、この辺りからの順位付けは、「感性の差」になってくるでしょう。

 

【第2位】北海道~豚丼、カレー、ソーセージ、ジンギスカンほか~

あわせて読みたい
北海道札幌市の魅力。海鮮、豚丼、味噌ラーメン。~グルスポ紀行~「根室花まる」編 札幌駅に到着し、まず最初にやって来たのは駅ビルの「根室花まる」。 この日のオススメメニュー。 ...
あわせて読みたい
北海道旭川市の魅力。寿司、カレー、ジンギスカン。~グルスポ紀行~スープカレー編 旭川に到着して、まず最初に向かったのは、「スープカリー奥芝商店」。 一軒家をそのままお店に改装し...
あわせて読みたい
北海道富良野市の魅力。ワイン、チーズ、ソーセージ。~グルスポ紀行~ふらのワイン工場編 富良野に来てまず最初に向かったのは、「ふらのワイン工場」。 製造工程が良く分かります。 ...

「北海道と言えば寿司が美味しいのは、当たり前の事ですよ?

当たり前の事を、得意げに言うものではありません。

さあ・・・来なさい(ニヤァ)」

かの夜行立会人は、こう言いました。(※言ってません)

十勝豚丼、「奥芝商店」のスープカレー、「唯我独尊」の富良野カレー、

「歩人」の自家製ソーセージ、「生ラム」のジンギスカン、

富良野ワイン、チーズ、小樽ワイン、とみたメロンハウス・・・

はい、キリがありません。

北海道は間違いなく日本トップクラスのグルメ県です。

僕も第1位と、最後まで迷いました。

 

【第1位】熊本県~馬肉、赤牛、米、牛乳ほか~

あわせて読みたい
熊本県熊本市の魅力。馬刺、いきなり、熊本城。~グルスポ紀行~熊本城編 熊本城の立地的魅力は、何と言っても熊本市の中にあること。 暖簾(のれん)の肉球みたいなマークが、どこと...
あわせて読みたい
熊本県阿蘇市の魅力。ドライブ、赤牛、だんご汁。~グルスポ紀行~ドライブ編 熊本市から阿蘇市までのドライブは、信じられないくらい道が開けていて、とにかく開放的。 ひたすら道なり...
あわせて読みたい
熊本県阿蘇市の更なる魅力。カドリー、牛カツ、馬肉コロッケ。~グルスポ紀行~カドリー・ドミニオン編 阿蘇に来たら一度は訪れたい、カドリー・ドミニオン。ここの特色は何と言っても・・ クマ、 ...
あわせて読みたい
熊本県阿蘇市の底無しの魅力。馬カツ、乗馬、大観峰。~グルスポ紀行~大観峰編 阿蘇の絶景スポット「大観峰」へ向かう道中では・・ 途中の道路脇から見える景色がもう既に絶景。 ...
あわせて読みたい
熊本県阿蘇市の無限の魅力。田楽、スイーツ、あか牛丼。~グルスポ紀行~田楽編 「高森田楽の里」へ。 囲炉裏を囲んで、セルフで焼くスタイル。 山女、豆腐、里芋(デカい!)...
あわせて読みたい
熊本県阿蘇市の永遠の魅力。白水、ジェラート、あか牛ステーキ。~グルスポ紀行~「阿蘇白水温泉瑠璃」編 阿蘇の温泉を、貸切風呂で1500円とリーズナブルに楽しめる、「阿蘇白水温泉瑠璃」。 この日は「風...

初めて、熊本で馬刺しを食べた時の、あの気持ち。

初めて、阿部牧場のソフトクリームを食べた時の、あの気持ち。

初めて、阿蘇の新米を、炊き立てで頂いた時の、あの気持ち。

「・・・・・・・・・・・」

そう、それは、人生を変えてしまうほどの食体験なのです。

ああ、この県に出会えて、本当に良かった。

頬を伝う涙とともに、熊本県は、僕のグルメ県ランキングにおいて「永遠の1位」になりました。

恐らく今後、この1位の座が他の県に奪われる事はないでしょう。