Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

福岡県糸島市の特別な魅力。カレーに、カフェに、白糸酒造。~グルスポ紀行~

 「スミカフェ」編

IMG_7286_R

以前、「工房とったん」で頂いた至高のスイーツ「花塩プリン」を、ここでも頂けるとの情報を得てやってきた、「スミカフェ」。

IMG_7290_R

2階がショップになっていて、お洒落なマグカップや食器勢揃い。

IMG_7287_R

「ごま塩プリン」。

「またいちの塩」の中でも最高クラスの「潮の粒」という種類の塩が使われていて、

白ごまの香ばしさ、塩のザクザク感、まろやかさ、旨み・・やっぱり何度食べても美味しいです。

IMG_7288_R

紫芋くるみがしっかり使われたケーキ。ピスタチオもまぶされていて、こちらも美味しい。

IMG_7289_R

コーヒー深煎りでボディがしっかり効いていて、美味!

IMG_7383_R

食後に、隣接のショップで、お土産「マタイチップ」を購入。

ポテトチップスに約900円と、結構な金額ながら、付属の塩をまぶしてみると・・

IMG_7384_R

味付けのない、まっさらな厚切り&堅揚げのポテトチップスを、上質な「またいちの塩」で頂く。

じゃがいもの甘み、豊かな香り、特製塩の(キリッとしつつも)まろやかな風味、旨み・・

900円ポテチは伊達じゃない。

「またいちの塩」はAmazonでもちょくちょく購入中

特に最高クラスの「潮の粒」は、人生で一度は味わって欲しい最高の塩です。断言します。

 

「カレー&カフェ・ココペリ」編

IMG_7325_R

実はカフェレストランが豊富な糸島で、今回向かったのは「ココペリ」。

IMG_7326_R

一軒家風で、2階の客席からは、素敵なオーシャンビュー。

IMG_7327_R

バスルーム用品などの雑貨も取り揃えられています。こういうの、ちょっとワクワクしますね。

IMG_7330_R

ハンバーグカレー。

サラダの葉っぱが良質で美味しいです。

IMG_7331_R

海軍カレーをベースにされたという自家製のルーは、ややスパイシーでトロトロ。

ちょっと「○ィナーカレー」のレトルトとかに近い雰囲気でしょうか。

糸島豚が練り込まれたハンバーグは、ハンバーグ○ルパーで作られたような粉っぽさが多少あるものの、まろやかカレーとの相性は良好。

IMG_7328_R

焼きカレー。

チーズの分量が全体の半分以上を占めており、流石にチーズが多過ぎたかも・・・。

IMG_7332_R

可愛らしい陶器で、食後のコーヒーですっきり。

 

「cafe食堂Nordノール」編

IMG_7298_R

糸島でカレーと言えば、絶対に外せないのが「cafe食堂Nordノール」。

IMG_7309_R

まるでデザイナーズのように洗練された店内は、木の香りが漂う癒やしの空間。

IMG_7312_R

グラタン入りパン。愛情を感じるような、優しい味です。

サラダにかかったドレッシングも、微かにスパイシーで、上品な味わい

IMG_7314_R

豚軟骨とソーセージカレー。

一口、口に運んで、衝撃を受けました。

ルーは、一番最初に甘みと辛さが来て、次に複数のスパイスの香りがフワァッ、と口の中に広がります。

そこに、トロットロに煮込まれた豚軟骨まろやかなコラーゲン風味が合わさり、

しかも、外側サクサクのポテト、酸味控えめの野菜・・全てが完璧に調和しています。

驚くほどレベルが高く、美味しいです。

以前、富良野の有名店「唯我独尊で食べた時と比較しても、勝るとも劣らない感動でした。

再来訪確定です。

IMG_7313_R

チキンのカレー。

こちらはルーの甘みがより強く引き出されさっぱりした味わいです。

 

白糸酒造編

IMG_7172_R

日本酒の「田中六五」銘柄でも有名な、糸島の「白糸酒造」。

IMG_7171_R

「ハネ木絞り」という、伝統ある手法で造られた日本酒の数々。

IMG_7169_R

カウンターでも数種類の試飲が出来ます。かなり気前良く注いで頂けて、ほろ酔い気分。

どれも、全体的にふくらみがあり、まろやかで飲みやすい銘柄が多いです。

中でも個人的に一番気に入ったのは、白糸の「純米」。

濃厚さと華やかさのバランスがとても良く飲みやすいので、呑助の方にも、女性の方にもオススメです。

IMG_7165_R

と、ここで唐突に、「梅の実」の試食が。

!?

こ、これは・・・!?

IMG_7173_R

はい、即決で購入しました。

一般的に梅酒というと、「焼酎やブランデー等に漬けたもの」というイメージですが、

「しらうめの庭」はなんと、大吟醸十年古酒で漬け込んだという超リッチ仕様。

これ、今まで飲んだ梅酒の中で一番美味しいです。

IMG_7174_R

「米糀の塩」あわせて購入。

これ、調味料として本当に優秀です。

そのまま舐めても美味しいくらい、本当に上品な風味

もう普通の市販の米糀に戻れなくなる危険性すらあるな、と感じました。