Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
岩波ランキング

【第4回】福岡グルメランキング!僕が最も感動したオススメ店TOP10

【第10位】とりかわ粋恭(薬院大通)

福岡グルメ外せない品目である「とりかわ」。

どうやら関東の焼き鳥屋さんで食べる「鶏皮」とは異なるようで、早速「とりかわ粋恭」へ。

鶏皮が焼かれている間キャベツとニッカハイボールぐびぐび。

「とりかわ」1人8本までという本数制限があり、それだけ特製タレに浸け込む手間がかかっているのでしょう。

食感は、外側はパリッ、内側はミチッ、全体的にややパサパサしています。

は、(従来の)鶏皮をギュッと濃縮して、タレに漬けて2~3回に分けて脂を落としつつ焼いた」ような感じでしょうか。

うーん・・正直、これに関しては「人それぞれの好み」なんでしょうかね。好きな人は好きそう。

僕は普通の鶏皮の方が好きだな、と感じました。

 

【第9位】かに通(中洲)

お店の看板が印象的「かに通」。

IMG_7138_R

ランチの「知床御膳」(3400円)を頂きました。

IMG_7139_R

ずわいがに押し寿司、

IMG_7140_R

ずわいがに天ぷら、

IMG_7141_R

ずわいがに刺身。どの品目も流石は専門店、美味しいです。

他にも単品メニューの「焼きたらば」絶品!

「美味しいかにが食べたい!でも特産地まで食べに行くのは遠い・・」そんな時にはピッタリのお店だと言えるでしょう。

 

【第8位】NICK STOCK(渡辺通)

夜23:00まで営業お洒落なカフェダイニング、「NICK STOCK」。

店内も広くて解放感があり、椅子もゆったりした座り心地。

マッシュルームガーリックバターソテー。

プリプリで香ばしくて、ビールのおつまみにも最適。

ハンバーグ、ソーセージ、ポテトディナープレート。

熟成牛の自家製ハンバーグ肉汁じゅわっ、食感ホロホロ、旨味もしっかり。

ソーセージもポテトも美味!

1人予算2000~3000円と、価格も十分リーズナブルに感じます。

二軒目にもオススメしたいお店です。

 

【第7位】HINODE(糸島)

糸島の海沿いに佇む「HINODE」。お洒落な内装が魅力的です。

定番メニュー「タコス」。

サックサクの白身魚フライ、シャキシャキで瑞々しい野菜、イタリアン風の味付け・・

まさに、お洒落ウマい!

もう1つの人気メニュー「焼きカレー」。

玄米の豊かな香りと風味、おこげのパリパリ、野菜、マイルドなルウ・・

こちらも人気に違わず美味。

看板犬「ちくわ」「ジンジャー」さんとの触れ合いも、非常に癒やしポイントが高いです。(写真「ちくわ」さん)

 

【第6位】焼肉食彩ゆうび(九大学研)

予算3000円から焼肉食べ放題単品注文も可能「焼肉食彩ゆうび」。

まずは「フルーツjarカクテル」乾杯!こういうの、ちょっと好きです。

カルビ、ロース、ハラミ。

黒毛和牛を使用、どれも食べ放題とは信じがたいほど良質なお肉です。美味しい!

和牛ホルモン、厚切り牛たん。

キムチ盛合せ焼き野菜など、付け合わせちゃんと自家製で作られていて、美味しいです。

和牛ホルモン食感ふわっふわ、良質な脂の甘みと香ばしさ最高。

には石焼きビビンバ。コチュジャンまで上質で、甘くて美味しいのは流石に驚きました。

リーズナブルな予算で、黒毛和牛焼肉で確実に満腹になれる、高付加価値の素敵なお店です。

 

【第5位】とり田(薬院)

九州産素材のみを使った水炊きの有名店、「とり田」。

サッポロビールの泡もきめ細かく日本酒著者の好きな「而今」が置いてあり、流石です。

単品ゴマサバを。しっとり、肉厚で安定の美味しさです。

水炊き丸鶏をそのまま煮込んだスープなのだとか。まずはスープのみで味わうと・・

濃厚かつ、まったりとした口当たり。臭みも無く、上質な鶏肉の100%自然なダシ。

これは旨い・・・。お酒とも良く合います。

次に鶏もも肉、胸肉、ネギ。「黄金ポン酢」、柚子胡椒、「またいちの塩」で頂きます。

「またいちの塩」著者も糸島で毎回買い付けに行く、素晴らしい塩です。上質な鶏肉にはもう、最高ですね。

野菜、葛切り、お豆腐、そして自家製つみれ・・どの具材も、極上の鶏出汁スープと絡まり、最後まで素晴らしい逸品でした。

反面、店内の雰囲気が常に慌ただしく、焦りが客にまで伝わって来るようで、落ち着いてゆっくり食べられなかった事が唯一、残念でした。

予算5000円前後としては、オペレーションの部分で追いついていない感はどうしても否めません

ただ、味に関しては本当に美味しかったです。

 

【第4位】担々麺梟(薬院大通)

薬院大通に佇む「担々麺梟」。

写真「辛ネギ担々麺」は、ビジュアルから彩り豊かで、食欲爆進!

スープは適度にマイルド辛すぎず、程よい甘みと調和して絶妙なバランス。

ファミリーにも学生にも、老若男女にウケそうな感じです。

麺もつるつる、モチモチ食感で、中太麺スープに良く絡みます。

これ、今まで福岡で食べた麺類の中で、一番美味しいかも。

豚ホルモン豚骨スープで煮込んだ「串ホル」1本150円

試しに注文してみると、意外にもあっさりしていて食べやすく、ハイボールとも合います!ちょい飲みにもグッドなお店ですね。

 

【第3位】Yorgo(赤坂)

赤・白ともに、美味しいワインが取り揃えられていると評判「Yorgo」

カウンター席談笑しつつ、ワインを嗜むにはもってこいの素敵なお店です。

中でも、ブルゴーニュワイン芳醇な香り、果実味、上品な甘さ・・素人が頂いても、思わずため息の出てしまう美味しさ。

カルパッチョ柑橘系の爽やかな酸味の効いたソースで、さっぱりと。

イチジクバターを乗せたバゲットは、上品な甘さと芳醇なバターの香りで、ワインが進む、進む。

「ウニじゃが」見た目がまるでクリームパスタのようでありつつ、シャキシャキ食感面白い食体験。

そして名物「牛カツ」は、衝撃の一品でした。

外側のサックサクの衣に相反するように、牛肉はさくっ、ほろっ、と驚きの柔らかさ。

上質な赤ワインがふんだんに使われているのでしょうか、ウスターソースの香り信じられないほど芳醇。

これを「美味しい」と言わない方はいないでしょう。デートにも間違いなく外さないお店ですね。

 

【第2位】弁天堂(天神)

築100年以上の一軒家を使ったレストラン「弁天堂」。

ランチでは、九州ご当地グルメ驚くほどのラインナップで網羅され、好きな品目を組み合わせた定食を頂けます。

長崎名物レモンステーキ、もつ鍋・・

胡麻サバ、マグロのレアカツ。なんと贅沢なランチ定食でしょうか。

そして驚くべき事に、どの品目もちゃんと美味しいのです。

こちらは焼き鯖、チキン南蛮、ナスと豚肉の炒め、とり天サラダ定食。

うむむ・・どれも旨い!これだけのメニューの種類で、どれもクオリティを保っているのは本当に凄いと感じました。リピート確定のお店です。

 

【第1位】美食もりやま(天神南)

肉好きには格別の感動を味わえるお店、「美食もりやま」。

個室予約で、掘りごたつゆったり談笑しつつ頂けます。

最初に頼んだ鳥刺しからして、もう旨い。

せいろ蒸し。野菜も勿論美味しいのですが・・

レアでお刺身にように頂ける豚肉は、なかなかお目にかかれない逸品。

全く臭みの無い、まるで霜降り和牛のようなしっとり食感に、ポン酢が絡み・・・至福のひととき。

ここはタンしゃぶ抜群に美味しいです。

こちらもレア目で頂くと、お肉の食感がふわっ、ほろっ。次いで訪れる野菜の甘み。

ポン酢でも、胡麻ダレでも合います。最高です。

そしてまた、そのダシで〆に頂く雑炊がまた・・・滋味深き事限り無し。