Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

十種の露天風呂と七つの貸切風呂。脇田温泉湯めぐりの宿「楠水閣」(福岡・宮若)

「楠水閣」【予算:一人13000円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

img_6834_r

「楠水閣」に到着。ロビーソファ系落ち着いた雰囲気。

img_6835_r

お部屋は14畳程度と、かなり広々。空気清浄機もきちんと付いています。

img_6836_r

外の眺望はやや見づらい面が・・少々残念。

img_6837_r

宿泊者無料の貸切風呂。大人4人はゆったり浸かれるかなりの広さ。

img_6840_r

大浴場には、橋を渡っていき・・

img_6842_r

日帰り温泉の別館へGO。(※お風呂は公式HP参照)

img_6856_r

本館の内湯。こちらは、別館よりも泉質が若干良い、いう情報が。

img_6855_r

お布団は、敷布団とマットレスの二重構造で、寝心地は比較的良好。

 

夕食&朝食編

img_6844_r

夕食メニュー。

img_6845_r

季節の彩り。

img_6846_r

お造り。

img_6848_r

脇田そば。なんと、陶板焼きの器で火にかけ、「焼きそば」風にして頂くスタイル。

img_6849_r

茶碗蒸し。

img_6850_r

鰈の白醤油焼き。コクがあり、ご飯が進む味です。

img_6851_r

ローストビーフ。

img_6852_r

天ぷら。挟み揚げが、なかなか美味。

img_6853_r

お食事には炊きたての釜飯。

img_6854_r

デザート、コーヒー。

img_6859_r

こちらは朝食。簡素でありつつ、品格ある佇まいです。湯豆腐の容器が本格的

img_6858_r

湯豆腐の昆布には「楠水閣」ロゴが。これはなかなか可愛らしいですね。

img_6860_r

重すぎず軽すぎず、程よいバランスで頂けました。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★☆☆☆☆】

「十種の露天風呂と七つの貸切風呂」の謳い文句に惹かれ「お湯自慢の宿」として期待して伺いました。

しかし正直なところ、お湯はどれもほぼ同じで、浴槽のデザインだけで種類感を出している感じがしました。

酒樽からチョロチョロお湯を出すなら、薄めでも日本酒風呂にして欲しかった・・。

これを「湯めぐり」と呼ぶのはいかがなものでしょうか。

温泉感も薄く、体があまり芯から温まらなかったのが残念です。

しかも、塩素がかなり強めに入っていて、湯上がり後は肌が塩素臭く、指もガサガサに・・。

食事は、味は美味しかったのですが、宴会客が近隣で大声で騒ぎ立てていて、全く味に集中出来ませんでした。

接客態度もややぶっきらぼうで、あまり気持ちの良い応対とは言えません。

さらに、夜中の4時前後に、突然火災報知器が誤作動でけたたましく鳴り響き、叩き起こされました。2回連続です。

しかも、その事に対する宿側からのお詫びやフォローは一切無し。

せっかく、広くて清潔なお部屋や、広々とした貸し切り風呂など、プラスの魅力もあるのに、本当に勿体無いというのが正直な感想です。

今後、より素敵な宿になる事を願っております。