Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

原鶴温泉で柚子風呂!昼食付で23時間ロングステイの「六峰舘」(福岡・朝倉)

「六峰舘」【予算:一人16200円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

img_7062_r

朝倉の有名宿「六峰舘」に到着。ウェルカムドリンクには、お抹茶を。

付け合わせの和菓子がなかなか美味しいです。

img_7063_r

ロビーも小洒落た雰囲気

img_7065_r

お部屋は、和洋室ツインベッド

img_7067_r

コンパクトでありつつも、小奇麗な感じです。

img_7071_r

・・・と思いきや、お部屋備え付けの急須が・・・。

img_7064_r

窓の外から見える川、山。

img_7069_r

大浴場(内湯)。ぬる湯あつ湯2種類に分かれているのがちょっと嬉しい。

img_7072_r

露天風呂(木風呂)大人4人分程度のサイズで、温泉ゆず湯を楽しめます。

流石は朝倉の原鶴温泉泉質もとろみがあり、体がじんわり温まります。とても気持ちいいです。

img_7095_r

露天風呂(岩風呂)の方は、大人10人分程度広々サイズ。こちらも良い湯です。

img_7087_r

足湯やや熱めの、この季節には丁度よい温度で楽しめます。

 

夕食&朝食編

img_7073_r

この日の夕食メニュー

img_7074_r

小奇麗な盛り付けです。

img_7077_r

河豚皮と焼き茄子の煮凝り。割とさっぱりしています。

img_7079_r

帆立貝キウイ。初めて食べる組み合わせです。

img_7076_r

お造り。スタンダードな感じです。

img_7081_r

あさくら豚のトマトチーズ鍋。こちらはなかなか美味しいです。

img_7080_r

宮崎県産牛治部煮。

img_7083_r

みつせ鶏柚子胡椒焼き。

img_7084_r

河豚竜田揚げ。

付け合わせの天ぷらが、作り置きで時間が経ち、やや萎びた食感・・・。

img_7085_r

お食事。

img_7086_r

デザート。・・水分が飛んでしまったのでしょうか?柿はパサパサで、苺プリンは、ゼラチンと市販いちごミルクをそのまま固めた感じです。

img_7092_r

朝食。中心部のカゴ以外はバイキング形式です。

img_7093_r

お漬物、牛肉と大根の煮物なかなかイケる感じです。

img_7099_r

こちらはチェックアウト後の、宿泊プランに付いている昼食。

天ぷらうどんの味は悪くないです。

ただ、一見、見た目は豪華なのですが、お浸し、サラダフルーツなど、朝食バイキングとかなり品目が被ってしまっている側面も・・。

そして、茶碗蒸しに入っていた銀杏が、明らかに傷んでいました・・。

ちょっとこれは擁護できないレベルです。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★★☆☆☆】

まずは何と言っても流石の原鶴温泉、お湯は良いです。

ゆず湯の露天風呂も快適で、足湯も充実しています。

また、チェックイン13時、アウト12時23時間滞在に加え、昼食付というのも、確かに魅力あるプランです。

一方で温泉は日帰り客も多く、広々と浸かれるかというと、やや難があります

内湯か露天風呂のどちらかには、せめて宿泊客専用の時間帯は設けて欲しかったところ。

また、夕食も前半はせっかく美味しかったのに、後半からは作り置きで萎びた天ぷら、パサパサの柿など・・。

品数を減らしてでも、全体のクオリティを保たれていた方が嬉しかったです。

お部屋トイレと洗面台が一緒で、備え付けの急須は欠けてしまっていました。

また、空気清浄機も無く、壁が薄くて「ガタン!ガタン!」と漏れる謎の音による睡眠妨害。

これらがもし一泊10000円であれば、まだ納得出来ますが、

16200円という価格に対しては、割高と言わざるを得ません。

お湯は良かっただけに、残念です。

これから、より素敵な宿になる事を願っております。