Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

熊本県阿蘇市の底無しの魅力。馬カツ、乗馬、大観峰。~グルスポ紀行~

大観峰編

img_6079_r

阿蘇の絶景スポット「大観峰」へ向かう道中では・・

img_6078_r

途中の道路脇から見える景色もう既に絶景。

img_6086_r

大観峰に到着!入り口付近の看板からは・・

img_6130_r

この見晴らし。360度パノラマです。

img_6096_r

さらに、展望台に歩いて行くと・・

img_6136_r

ここからの眺めも上々。

img_6132_r

想像以上に広大な眺望でした。

 

馬肉料理「馬勝蔵」編

img_5991_r

馬肉料理「馬勝蔵」に到着。すると・・

img_5992_r

入り口まるで秘密部屋のように低い・・!かがんで入ります。

img_5994_r

店中は意外に広くお洒落な個室居酒屋系の内装です。まずは早速「馬カツ定食」を。

img_5995_r

馬肉は中心部がレア目で、外側の薄い衣もサクサク

ソースは赤ワイン、ケチャップ系の酸味が効いていて、意外にさっぱりしています。流石の看板メニュー。

img_5996_r

こちらは数量限定「馬うま丼」。

img_5997_r

西京漬けの馬肉が、所狭しと並べ立てられた、世にも贅沢な幻の丼。おろしわさびと共に頂きます。

馬肉のなめらかな舌触り、外側の炙りの香ばしさ、脂身のクセのないコク、そして塩麹のような上品な香り・・・。

これは・・・衝撃的なクオリティの一品出会ってしまいました。正直、旨すぎです。

img_5999_r

裏側から見た図。脂身まで、本当にクセがなく、さっぱり頂けてしまうのです。馬肉マジック。

 

エル・パティオ牧場編

img_6111_r

今度は乗馬体験が出来るというエル・パティオ牧場に到着。すると・・・

img_6107_r

てってってっ・・・

img_6108_r

てってってっ・・・

「こんにちわぁ」

ボーダーコリーさんのお出迎え。そして・・

img_6146_r

てててて・・・・

「ようこそ!ようこそ!」

次から次へとやって来る、わんこの波状攻撃。ボーダーコリーが3匹って、天国かここは。

img_6105_r

とててて・・・

「どうもぉ」

マイロ君!!(※違います)

img_6140_r

ててて・・・

「どうもぉ」

もう、乗馬そっちのけで40分程わんこ達と戯れる著者。

乗馬20分コースにて。阿蘇の超広大な大草原の中をお馬さんで散歩するのは、めちゃくちゃ開放的で気持ち良い。

しかも、引き馬でなく、いきなり一人で乗れるのはとても嬉しいですね。

img_6119_r

昼食には「エル・パティオバーガー」を。

img_6121_r

お肉も分厚くて、納得のボリューム。

img_6120_r

この皮付きスタイルのポテトも最高ですね。これで、ドリンクバー付で1000円はリーズナブル。

img_6124_r

こちらはビーフライス。お肉もゴロゴロ、噛みごたえもしっかり。シンプルで好きな味です。

 

道の駅阿蘇編

img_6003_r

「道の駅阿蘇」では・・

img_6006_r

阿部牧場ソフトヨーグルトVer.を頂きました。酸味と、やや苦味が効いています。

img_6004_r

お団子系も充実しています。

img_6005_r

頂いたのは「とうきびもち」。

 

昭和レトロショップ「懐かし屋」編

img_5990_r

独特の外観を携える「懐かし屋」に入ると・・

img_6001_r

凄いレトロ感!

img_6002_r

著者が生まれる前の品々がずらり。辛うじて、ダイヤル式電話は子どもの頃に使った記憶が・・。