Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

湯平温泉、料理押しの温泉宿「花木綿」。が、しかし・・【大分・由布院】

「花木綿」【予算:一人11800円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

img_6156_r

由布院の奥座敷とも称される、湯平温泉。その一角に佇む「花木綿」に到着。

img_6157_r

ロビーがなかなか小洒落ています。

img_6158_r

お部屋は、洋室とタタミの間がセットになったような、独特の和洋室。

img_6160_r

ゆったりとしたベッドに、

img_6159_r

タタミの間4.5畳程度と、程よい広さ。

これは良い感じの宿なのでは?と、この時は思っていたのですが・・・

img_6161_r

大浴場、内湯へ。

いざ、入湯!チャポン・・・

「っ、冷たっ!!」

なんと、温度が30℃前後の、ほぼ水の状態・・・・。

これはとても入れる状態ではありません・・。(※翌朝まで、この温度のままでした)

img_6163_r

気を取り直して、今度は露天風呂へ。

チャポン・・・

あっ、こっちはちゃんと温かい。良かった・・・。

ふと胸に去来する、(良く考えたら理不尽な)感情。

img_6165_r

お風呂上がりには、マッサージチェアと、何故かロデオマシンが無料。

この点は素直に嬉しい!と、この時はそう感じていたのですが・・・

 

夕食&朝食編

img_6166_r

この日の夕食

まず、メニュー表が無い・・そして、最初からほとんどのメニューが揃っている・・・

料理の説明も一切無し・・・

このパターンは、もしや・・・

ふと脳裏によぎるあの日の衝撃体験。

img_6167_r

前菜。

一体、何故だろう?一見、見た目は綺麗に整えられているのに・・・

全ての品目が、壊滅的に香りも味も全くしない・・むしろ、これは逆にどう作っているのか不思議だ・・・。

例えて言うと、「全品目、冷凍と解凍と水さらしを10回ずつくらい繰り返した」ような味です。

img_6168_r

お造り。かぼすの上に乗っている謎の物体は、輪ゴムを茹でてそのまま食べているかのような・・。

img_6169_r

煮物。器、盛り付けは綺麗なのに、冷め切っていて、固く、ダシも染み込んでいません・・。

img_6170_r

茶碗蒸し。こちらも、ダシの香りや風味がほぼ皆無で、スプーンが重たい・・。

img_6177_r

鮎の塩焼き。この一品は、まあ・・この中ではイケる方ではあります。

img_6175_r

揚物。茄子田楽のタレは、風味も良いです。ただ、油が異常にギトギト・・・。もたれました。

img_6176_r

「黒毛和牛の溶岩焼き」。脂がしつこく、食感もパサパサ・・これは本当に黒毛和牛なのでしょうか?

img_6172_r

お蕎麦。ある意味、夕食メニューの中で一番まともな品目だった気がします。

img_6173_r

は、胡麻ダレでシンプルに頂き味はまだ安定していました。

img_6178_r

味噌汁。異常に塩辛い・・。

img_6174_r

釜飯。これは、恐らく・・市販の釜飯の素でしょう。しかし、それ故に、安定はしています。

img_6179_r

デザート。味の程は、見た目から推して知るべし。

「あれ、これバイキングだったっけ・・?」

img_6182_r

今度は、朝食。

img_6183_r

9種の具材も、これもまた全て、不思議な程に香りも風味も薄い・・。

例外的に、焼き海苔、納豆といった市販品やお豆腐、焼魚に関しては比較的安定した味ではありました。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★☆☆☆☆】

まず、最も衝撃だったのが、大浴場の内湯がほぼ水(30℃前後)で、とても入れる温度ではなかった点。翌朝まで冷たいままでした。

また、露天風呂は大幅に加水されているのか、温泉がかなり薄い感じがします。

さらに、お部屋のエアコンから異臭、部屋に空気清浄機もないため、埃っぽく、翌朝喉が痛くなってしまいました。

しかも、カーテンの裾が枕に被さるレイアウトのため、寝ている時は顔に度々掛かります。

そして・・・食事のメニューの多くが風味も香りも抜けきった味なのは、食事押しの宿と期待して予約した人にとっては、最も悲しく、残念に感じる点です。

『前菜からデザートまで、すべてが手作りというこだわりの料理は、熱いものは熱いうちに…との配慮から食事処でいただくこととなる。』(※宿紹介ページからの引用)

こだわって作られたはずの料理の説明は一切無く、冷めきった煮物が出て来ましたが・・。

器や盛り付けといった見た目、ボリューム特盛り、という頑張りのベクトルを、まず最初に味に向けて欲しかった所が本音です。

マッサージチェア無料など、素敵なポイントもあるだけに、ただただ残念と言わざるを得ません。

由布院ファンとして、これから素敵な宿になる事を願っております。