Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

大分県の魅力。ごまだし、とり天、地獄プリン。~グルスポ紀行~

ごまだし&とり天編

img_5228_r

ごまだしうどんで評判の「味愉嬉食堂」へ。

img_5230_r

うどんつゆには魚のダシがシンプルに効いていて、そこにかぼす、ゆず胡椒、そしてごまだし調和させていきます。

まずはごまだしをお湯で溶いて、シンプルにつけ麺風で頂きます。

ズルズルッ・・

モチモチで柔らかい麺、ゴマ、ダシの香り、そして塩味がけっこうガツンと来ますね。想像していた「甘めの胡麻だれ」系とは違う、意外にも硬派な感じ。

img_5232_r

こちらはとり天おにぎりが付いた定食セット。おにぎりごまだしとお茶漬けで〆ると、確実にお腹いっぱいになれます。

img_5233_r

とり天衣サックサク、身も柔らかく、塩味も絶妙。美味い!

 

スイーツ編

img_5234_r

木の外装が可愛らしい「森の菓子工房ミエル」へ。

img_5235_r

和栗モンブランは、見た目ほど甘みもキツくなく自然な味わいで美味しいです。可愛い陶器もお持ち帰り出来てハッピー。

img_5236_r

チーズブッセふんわ~り柔らかシフォン系が好きな著者にはストライク!

プリンもトロトロ系で、適度な甘みどちらもお茶と合いますね。

img_5336_r

今度は別府「地獄蒸しプリン」へ。ほろ苦いカラメルが効いていて、こちらも好きです!

温泉の味がそこまでガッツリ効いている訳ではなく、思ったよりも食べやすい系でした。

 

亀正くるくる寿し編

img_5337_r

別府エリアの回転寿司といえば、の「亀正」へ。とにかくネタが分厚いです。サーモンボリューム感が凄いな、これ。

img_5338_r

中トロもこの分厚さ。

img_5339_r

関サバや、

img_5343_r

関アジも。どちらもコリコリした歯ごたえ。

img_5344_r

いわし。

ネタの分厚さ、ボリュームに関しては、確かに回転寿司の中でも群を抜いています。(関サバ&関アジは普通)

一方で、味はまあまあ、値段相応な感じです。席もギッチリで、客層もやや難あり

また、シャリの量とどうしてもアンバランスになってしまうので、お寿司としての調和には欠けてしまう部分は否めません。

あわせて読みたい
北海道旭川市の魅力。寿司、カレー、ジンギスカン。~グルスポ紀行~スープカレー編 旭川に到着して、まず最初に向かったのは、「スープカリー奥芝商店」。 一軒家をそのままお店に改装し...

回転寿司で味を求めるならば、旭川のトリトン外さないでしょう。ここの時しらず、ネギトロは最高です。

 

由布院ぶらり散策編

img_5405_r

由布院駅の近辺は、プチ温泉街な感じ観光客もそれなり。

img_5406_r

まずは早速、豊後牛コロッケを。

img_5407_r

サクッ、ほわっ・・うん、美味しい!適度な甘みと旨味。

img_5409_r

「湯布院ザクットシュー」を食べてみると・・

img_5410_r

外側の皮は焼き立てサクサク中のクリームもトロトロ。これもなかなかイケます。

img_5411_r

スルメイカ。こちらも注文してから火を通すので、熱々で食べられて、旨し。

 

日田まぶし編

img_5413_r

大分の日田では「日田まぶし」なるものが評判と聞き、「千屋」へ。

img_5415_r

おお!桶の中から立ち込める香りが、とても食欲をそそります。

img_5414_r

薬味も、ネギ、わさび、ゆず胡椒、大根おろし・・豊富。

img_5418_r

こうして見ると、結構ボリュームたっぷり(並盛)。それでは、早速・・

img_5417_r

しゃもじですくって、お茶碗で頂きます。

img_5420_r

うなぎの身は、ふっくら系かと思いきや、意外にも引き締まり、プリッ、コリッ・・と、しっかりした歯ごたえ。

薬味だけで食べても美味しくダシをかけて食べても美味しく。

「ひつまぶし」とはまた少し違う「日田まぶし」の魅力。

大分グルメまだまだ、開拓を進めていきたいところですね。