Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

宮崎県と鹿児島県の魅力。鳥刺し、コスモス、チキン南蛮。~グルスポ紀行~

えびの高原編

img_5119_r

宮崎自動車道から山道を車で進んでいくと・・

img_5121_r

えびの高原に到着!標高1200メートルの空気澄み渡っています。

img_5120_r

なんと、足湯も無料。

img_5123_r

車を止めて散策すれば、まるで遊牧民のような気分に。

img_5124_r

雄大です。

img_5126_r

著者の大好きな松の木の並木道も、快適なお散歩コース。

img_5160_r

青い池もあります。

あわせて読みたい
十勝の雲海!「カミホロ荘」で、キツネと、霧と、酸性湯。【北海道・上富良野】「カミホロ荘」【予算:一人8000円(1泊2食付)】 【※本ブログ記事のポリシーについて】 ただただ、正直に。 ポジティブ...

北海道の美瑛で見た「青い池」よりも、やや濃い目な感じですね。

img_5132_r

見晴らしも抜群です。

 

生駒高原(コスモス畑)編

img_5134_r

そのまま車を走らせて、生駒高原に着くと・・

img_5136_r

辺り一面のコスモス畑!オレンジ色が可愛らしいです。

img_5137_r

「ちょっと一眼で撮った風」写真(※iphone撮影)。

img_5139_r

コスモスロードを歩いていけば・・

img_5161_r

まだまだ果てしなく広がります。

img_5143_r

アーティスト写真を撮った風。・・のはずが、「ウォーリーを探せ」状態。

img_5147_r

巨峰ソフトもちゃっかり頂き。酸味が効いてますね。

 

日南&青島編

img_5176_r

ドライブ中に感じる、謎の異国感。・・あれ、ここ日本だっけ・・?

img_5178_r

「いるか岬」にふと車を止め、

img_5179_r

海を見渡してみたり。

img_5180_r

定番スポット「サンメッセ日南」では、

img_5182_r

ロバさん達が放し飼い!

img_5183_r

イースター島公認モアイさん達。

おお・・・レプリカとは思えないほどの迫力がある・・

img_5186_r

続・アーティスト写真を撮ってみた風。・・のはずが、なんか親戚に紛れ込んじゃった子みたいになってるし。

img_5192_r

岩波「あ?ん?やんのか?お?」

モアイG(仮)「滅ぼすぞ」

岩波「すみませんでした」

img_5189_r

昼食「デモン・デ・マルシェ」にて、チキン南蛮カレー。

img_5190_r

タルタルソース半熟玉子コラボレーションが、色彩でも食欲をそそります!味も、(良い意味での)食堂っぽさが素敵です。

img_5188_r

こちらはチキン南蛮&エビフライプレートランチ。お腹いっぱいになります。

img_5194_r

デモン・デ・マルシェ物販も充実していて、ナチュラルキッチン系の食器雑貨可愛らしくて素敵です。

img_5196_r

宮崎といえば・・と、マンゴーソフトを購入。味は意外とさっぱり系でした。

img_5197_r

「甘乳蘇」試食。うぐぐ・・なかなか濃厚。。普通のチーズよりもさらに匂いがグワッと来る感じですね。

img_5199_r

今度は青島の海岸を渡って・・

img_5200_r

「鬼の洗濯板」を横目に見つつ、

img_5201_r

「青島神社」へ!

img_5202_r

島にポツンと佇む鳥居・・・なんだか不思議な、独特の佇まいです。

img_5203_r

参拝を済ませたら、

img_5212_r

続・続・アーティスト写真を撮ってみた風。もうええっちゅうねん。

 

地鶏の里 永楽荘編(※鹿児島県霧島市)

img_5109_r

やっぱり鳥刺しが食べたい!という事で、今度は「地鶏の里 永楽荘」へ。

ここは鹿児島の地鶏だけでなく、鹿児島黒牛、鹿児島黒豚・・と、3獣まとめて楽しめるのが大きな魅力です。

住所上は「鹿児島県霧島市」ですが、宮崎からのアクセスも良いので、気軽に立ち寄れます。

img_5110_r

地鶏のカルパッチョ。表面は鯛のお刺身のような滑らかさ、そして歯ごたえがあって、さっぱり。美味しい・・。

img_5111_r

鳥刺し。左がモモ肉、右が胸肉です。

モモ肉はコリッコリで、表面もしっかり炙りの香ばしさが付いてて、そこに九州しょうゆと生姜で・・

そして胸肉は、ふんわり、しっとりと柔らかく、かつ表面の炙りも効いてます。

どちらも最高。旨すぎる・・。

img_5113_r

かごしま黒牛は・・

img_5115_r

焼肉で贅沢に。漬け込まれたタレがまた、絶妙な甘みで霜降り肉にマッチしています。旨い・・

img_5114_r

鹿児島黒豚は、こちらも贅沢に・・

img_5116_r

せいろ蒸し

img_5117_r

ポン酢と絡めて頂きます。脂が上品で、まったくしつこくなく、白菜との相性も抜群です。これも旨い・・。

img_5118_r

食後はデザートでさっぱりと。ランチコースでこのレベル、そしてこのボリューム・・・一言、凄すぎです。