Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

料理命!鉄輪温泉「もと湯の宿黒田や」で豊後牛しゃぶしゃぶ懐石【大分・別府】

「もと湯の宿黒田や」【予算:一人16200円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

img_5237_r

「もと湯の宿黒田や」に到着。お部屋モダンでありつつも品格があります。広さにして10畳前後でしょうか。

img_5238_r

掛け軸も。老舗っぽさモダンな清潔感上手く調和した雰囲気です。

img_5242_r

窓からは別府エリアの街並みを臨みます。

※お風呂について

お風呂は大浴場のみです。露天風呂もけっこう広さがあり、お湯はナトリウム塩化物泉少ししょっぱい感じ。

体がポカポカになり、神経痛や冷え性には良い感じです。

 

夕食&朝食編

img_5244_r

夕食(※お部屋食)のメニュー。お食事に特に力を入れられている宿のため、期待感も高まります。

img_5245_r

前菜。おお・・最初の一皿から、風格が漂って来ますね。一流懐石の品格です。美味しい。

img_5247_r

お造り。見た目からもう、ツヤがあります。鮮度も高いですね。

img_5248_r

お吸い物。可愛らしい手まり麩(ふ)、鱧(はも)、蓴菜(じゅんさい)。下にある「とろ湯葉」も、一言、見事。

京都で食べた湯葉料理とも遜色ないクオリティです。

img_5249_r

焼き物も、秋の味覚を見事に体現されています。メダイの粕漬け、南瓜、さつまいも。美味です。

img_5250_r

煮物。どの具もほろっと柔らかくダシも優しく調和しています。特に蛸の茹で加減は素晴らしいですね。こちらもただただ、見事です。

img_5251_r

うどんも、大分県産地粉を使用されていて、拘りを感じます。

img_5253_r

酢の物。養老豆腐、カジキスモーク・・と、素材の1つ1つに本当に手間がかけられています。

img_5252_r

そして、メインの豊後牛しゃぶしゃぶ。

img_5254_r

この、サシ。さながら静かに流るる滝のようですね。

美しい・・。しばし、見惚れてしまいます。

img_5255_r

には山椒を数粒浮かべて・・

img_5257_r

グツグツ・・

そっ・・と、口に運んでみる。

ふわっ、とした口当たりから始まって、それからスッ・・と雪のように、舌の上で溶ける。

その後、控えめに主張する、極上の牛肉の香り、風味、旨味、そしてポン酢アクセントに山椒の香り。

豊後牛は、至高です。この世の中にこれほど美味しいものがあって、それに巡り会えて本当に良かった、と心から感じる瞬間。

img_5263_r

炊き込みご飯も、ちょうど炊きたてのタイミング。

img_5264_r

一粒一粒がモチモチ、炊き加減も抜群。赤だしも美味、漬物も自家製で、最後のお食事まで抜かりがありません。

img_5265_r

デザートフルーツ水まんじゅう。

もはや文句の付け所がどこにもない、まさに「完璧な懐石」でした。

img_5274_r

こちらは朝食(※食事処)。まるで、料亭特製の高級なお重のような佇まい。

img_5272_r

一品一品はどれも美味しく、とり天もサクサクです。

img_5275_r

だご汁も、優しい味わいが胃に染み込むようです。

 

個人的な感想まとめ

【総合おススメ度:★★★☆☆】

料理自慢の宿として評判の、「もと湯の宿黒田や」

結果、本当に美味しかったです。夕食、朝食ともに、文句の付け所が無い、洗練され尽くした品々でした。

料理において、このレベルの感動を味わわせてくれる宿は、同価格帯(15000円クラス)ではそうそうないでしょう。

食事にウェイトを置いた宿として、とにかく美味しいものが食べたい!という方には、間違いなくオススメ出来ます。

ただ一方で・・禁煙部屋ながら、若干のタバコ臭埃っぽさが気になりました。この点は、著者としては残念に感じます。

また、(プラン料金内では)お湯も大浴場のみのため、総合的には、何に優先順位を置くかで判断は変わってくるでしょう。

しかし、重ねて言いますが食事は最高です。お食事のみでも、また食べに行きたい・・とすら感じます。