Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
岩波ランキング

【第2回】福岡グルメランキング!僕が最も感動したオススメ店TOP10

【第10位】天ぷらのひらお(天神)

img_4863_r

福岡で天ぷらと言えば、特に有名なのが「天ぷらのひらお」

揚げたての天ぷらを一品ずつ、乗せていってくれます。

予算も700円~800円とリーズナブル。

img_4857_r

特製のおろしダレと、なんと無料で食べ放題のおかずたち。

特にイカの塩辛「えっ、これが食べ放題?」と驚くほどのクオリティ。美味しいです。

img_4858_r

こうやってご飯に乗せて、天ぷらと一緒に口に運んじゃったりした日には、もう。

『ENDLESS CHOPSTICK ~永遠の箸~』

PCゲームタイトルか。

img_4864_r

天ぷらにはおろしダレだけでなく、お塩も充実していて、カレー塩が特にイケますね。

お腹いっぱい食べられて、リーズナブル食堂風の店内なので、誰でも気軽に立ち寄れる感じです。

ただ一点個人差はあろうものの、食後はややモタれます・・。学生や、油でモタれにくい人向きのお店かも。

かつて著者が二郎インスパイアで鍛えた油耐性も、今は昔。あまり無理は禁物になって来ました。

・・・20代後半の差し掛かりを感じます。

 

【第9位】元祖博多めんたい重(中洲川端)

img_4865_r

中洲川端で明太子の専門店と言えば、「元祖博多めんたい重」。広くてゆったり、高級感ある内装です。

img_4868_r

「飯吸セット」明太子のお吸い物がセットで付いています。

お重にまるまる乗った贅沢な明太子は、意外にも塩加減がまろやか。

ふんわり、つぶつぶ。昆布、ノリ、ゴマ、特製タレと合わさり、しつこさもなく、ぺろっと食べ切れてしまいます。

お吸い物は・・例えていうと、「カップ麺のうどんスープに揚げ玉と茹でた明太子を浮かべた」感じ。・・ダシが少し単調かも。

img_4866_r

こちらは「飯麺セット」明太子つけ麺が、予想以上に美味しい!

個人的には、お重よりも強く印象に残ったほど。

img_4867_r

麺のモチモチ感もさることながら、何と言ってもこのスープ。

トマトベースみじん切りのタマネギ、魚粉と合わさり、和風イタリアン雰囲気。

食後は、ダシで割ってスープも飲み干し案件。美味しかった。

ただ一点、ランチでも2380円~3380円という予算の割高感は拭えないです。

反面、休日でも空いているので、どこも入れない時には良いかも。

 

【第8位】広東炒麺(博多駅ビル)

img_4947_r

「この世で一番好きな食べものはあんかけ焼きそば」と語る、とある知人の要望により入った「広東炒麺」。

あんかけ焼きそばの専門店を掲げるだけあり、期待感も高まります。

img_4949_r

あんかけ焼きそば(焼き麺)。

立ち上る香りがもう、凡百の中華料理店とは全く違います。

img_4950_r

麺のこの焼き目、見て下さい。

自家製で丁寧に練られた麺は風味豊かで、モチモチの食感とパリパリの食感グラデーションで攻めてきます。

その境目の曖昧さが、あるいは「あんかけ焼きそば」という問いに対する哲学なのかも知れません。何を言ってるんだ。

img_4948_r

あんかけ焼きそば(揚げ麺)。

img_4951_r

こちらの揚げ麺は、小気味良いほどのザクザク食感に振り切ってます。

具材の白菜のシャキシャキ感あんかけのトロトロ感と合わさり、これはもう夢中で食べ尽くしてしまいます。

「焼き麺」も「揚げ麺」も、どちらにも捨てがたい魅力があります。両方とも文句無しに美味しいです。

 

【第7位】極味や 天神パルコ店(天神)

img_4961_r

天神パルコの地下街で、いつも行列が絶えない大人気店「極味や」。

img_4962_r

伊万里牛を使用した「レアハンバーグ」が、1000円台から定食で楽しめます。

img_4963_r

本当にレア・・というか、表面以外ほとんど生状態。

img_4964_r

割った図。試しにこのまま激レア状態で一口食べてみると、フワッ・・としたネギトロのような食感。

img_4965_r

付属の焼石に乗せて、好みの焼き加減に。ジュワ~ッ・・・

表面にしっかり焼き目がついて香ばしく、かつ内部はトロトロのレア食感。

これはになります。

img_4966_r

食後にはソフトクリームもセットに付いてます。

確かに、和牛を使用しているだけあって、値段の割には美味しいのですが、

行列に数十分並んで、席は牛丼屋並のギッチリ感・・という事を加味すると、もう少し高価格帯のお店の方が味に集中出来ます。

レアハンバーグなら「まるたんや」は抜群にオススメですね。絶対に外しません。

 

【第6位】菅乃屋(博多駅ビル)

熊本で食べた馬刺しの感動が忘れられず、「菅乃屋」の博多駅ビル店に初来訪。

img_4884_r

ランチメニューも、熊本の店舗とは少し違います。

img_4885_r

数量限定メニュー馬レバ刺し。

トロッ、コリッ・・。生臭さが一切ありません。抜群の鮮度の成せる業でしょう。

ゴマ油と塩と合わさり、無言で堪能したい一皿。絶品です。

img_4886_r

馬刺し。やはり、菅乃屋は安定です。旨いの一言。

img_4887_r

サラダ良い葉っぱが使われています。

img_4888_r

馬肉の天ぷら。

img_4889_r

椀物南京饅頭。

img_4891_r

そして、「お食事の〆に握り寿司」というこの上ない贅沢。しかも6貫ものボリューム。

img_4892_r

どのネタも肉厚です。酢飯も、一粒一粒がしっかりしていて、ネタに負けません。

img_4893_r

右の方のタテガミ寿司や、炙り霜降り馬肉寿司になってくると、もう・・別次元の感動

あわせて読みたい
衝撃体験!「霧島観光ホテル」で起きた、逆に斬新なサービスの全て【鹿児島・霧島】「霧島観光ホテル」【予算:一人15500円(1泊2食付)】 【※本ブログ記事のポリシーについて】 ただただ、正直に。 ポジ...

ちなみに、これの対極に位置する存在であり、「永遠のアンチテーゼ」として君臨し続けるのが、上記の伝説の肉寿司です。(※閲覧注意)

img_4895_r

食後にはデザートでさっぱり。

 

【第5位】やきとり 六三四(天神)

img_4501_r

「やきとり六三四」。店内がちょっとお洒落で、店員さんも皆、若いです。

img_4502_r

ゴマカンパチ。これは美味しい!ノリ、大葉、ゴマだれ・・ハイボールとも相性抜群。

img_4509_r

ここの焼き鳥も、どの品目も美味しいですね。

「八兵衛」と比べても、また得意分野が違う感じがして、面白いです。

img_4508_r

特に美味しかったのは、つくね。細かい軟骨が練りこまれていて、旨味もギュッと凝縮されています。

img_4504_r

和牛ホルモン串。これも最高

img_4503_r

和牛サガリ串。こちらもめちゃくちゃ絶品。赤字覚悟メニューと銘打っているだけの事はあります。

img_4505_r

ラストは、うなぎ卵焼きマヨネーズで頂きつつ・・

img_4512_r

焼きおにぎりしその香りが上品で、心地良い満腹感。

 

【第4位】博多魚がし 市場会館店(赤坂)

img_4467_r

「博多魚がし」のゴマサバ定食と言えば、メディアでも取り上げられる人気ぶり。

訪問時は夏だったので、この季節には「ゴマアジ定食」を頂きました。

ゴマダレも特製で、アジも肉厚、新鮮。美味しいです。

値段も1000円台でリーズナブルですね。

img_4465_r

こちらは海鮮丼。ホタルイカが光ります。イクラもなかなか。

 

【第3位】志成うどん(大濠公園)

img_4245_r

大濠公園エリアに静かに佇む「志成うどん」一言、美味しいです。

以前、本場の香川うどんを食べ歩いたお店と比較しても、全く遜色ないレベル。

写真は「志成ぶっかけうどん」。

img_4999_r

麺の食感、コシ、香り、風味全てが良いのは勿論ですが、

ぶっかけのタレが、ポン酢が効いていて適度に「甘酸っぱじょっぱい」んです。

そこに、おろし、しょうが、レモンこれまた絶妙に合わさり、天ぷらのサクサク感完璧なコントラストを呈します。

お腹いっぱいまで食べても全く飽きない、神クオリティ。

img_4244_r

こちらは「海鮮ぶっかけうどん」。タコもぷりっぷり、海老天も2尾付いてます。

 

【第2位】大東園 本店(祇園)

img_4977_r

独特の風格を携えて祇園に佇むは、「大東園本店」。

img_4978_r

ランチセットのチョレギサラダ、もやしナムル、カクテキキムチ。

3種とも、異次元に美味しいです。首都圏の「○○苑」などは軽く捻るようなクオリティ。

もう「付け合わせ」の域を逸脱していますね。

特に、カクテキ。ツンと来る感じが全くない、漬けたての甘い風味、新鮮なコリッコリの大根の食感・・最高です。

img_4980_r

そして、お肉の質と量。えっ、これ本当にランチコース・・・?

img_4981_r

焼きたての和牛どれも上質、至高。

ご飯に乗せて、上からタレをかけて超贅沢な焼肉丼にしても◎

img_4982_r

デザート柚子アイス、マンゴーアイス量たっぷり、味も美味しい。

スイーツ好き男子の著者も納得の味です。

 

【第1位】博多名代 吉塚うなぎ屋(中洲川端)

img_4568_r

創業明治6年「博多名代 吉塚うなぎ屋」。

うなぎに対する絶対的なガチさが、お茶と割り箸からもう既に漂って来てます。何だこの謎の風格。

img_4569_r

うな重。ご飯とセパレート、タレも別添えという徹底ぶり。

お吸い物の「肝吸い」も付いてます。臭みもきれいに取れていて、上品な風味。肝の食感もコリコリ。

img_4570_r

早速うなぎを頂きます。

はふっ・・・

表面の焼き目の香ばしさ。

分厚い身の、柔らかい歯ごたえ。

特製タレと合わさり、漂う香り、舌の上でとろける食感、旨味。

炊きたての白米とのコラボレーション。

岩波「・・・・・・・・・」

ーーー『No need to say anything, anymore.Whatever it costs,just…. eat it.』

『もう、言葉は要らない。とにかく・・ただ、食べよう。』ーーー

(Kei Iwanami, 1989 – ?)