Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

別府は堀田温泉随一の秘境!「テラス御堂原」【大分・別府】

「テラス御堂原」【予算:一人21600円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

img_4898_r

別府駅。ここからタクシーで15分ほど行くと、堀田温泉があり・・

img_4899_r

その一角に、「テラス御堂原」ひっそりと存在する。

img_4901_r

チェックイン時に、スッ・・と差し出されるウェルカムドリンク。もう既にレベルが高い。

傘とかフルーツとか差して来る感じプロの犯行。

img_4902_r

お部屋に入る前ちょっとリッチなひととき。

別府湾を臨み、そのまま外に出てみると・・

img_4903_r

流石、車で15分登って来ただけあって、なかなかの眺望。

チェックインが完了し、お部屋に足を運んでみると・・

img_4905_r

ツインのお部屋著者の大好きな和洋折衷モダン系!一気にテンションが上がります。

img_4906_r

お布団でありながらも、ベッドのような高さにある感じが絶妙腰掛けたりゴロゴロしたり。

img_4907_r

室内の椅子だけでなく、テラスにもちゃんと椅子が2つあります。

img_4910_r

特別な座り心地と眺望。夜にはビールでも飲みながらまったり

img_4908_r

お部屋付の露天風呂。サイズはTHE・一人用コンパクトですが、小綺麗で風情があります。

img_4912_r

こちらは大浴場。早速浸かってみると、

img_4915_r

<<カポーーーーン・・・>>

ああーーー・・・この世の全てがどうでも良くなるわぁ・・・。

img_4937_r

そうこうしているうちに夜も更けて夕食前にロビーで再びくつろいだり。

img_4935_r

夜のテラス席からの夜景もなかなかです。

 

夕食&朝食編

 

img_4917_r

夕食お食事処にて。カウンター席も開放的で良い雰囲気。

img_4916_r

この日のメニュー。

img_4918_r

前菜の品々も、9月に差し掛かり、秋を先取りしたような品目。彩りも豊かです。

img_4919_r

とろサーモンたで酢浸し。

img_4922_r

お造り。王道な品目です。

img_4923_r

お吸い物。鱧の食感がふんわりと柔らかく丁寧に調理されている感じです。

ダシも甘みがあり、松茸の香りが、エッセンスとブレンドされて強めに出されているよう。

img_4926_r

炙り太刀魚。香ばしく、甘めのタレで仕上げられています。太刀魚好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

img_4924_r

豊後の鶏のパイ包み。上品なイタリアンの一皿の様相を呈しています。

オーベルジュっぽい和洋折衷な品目の組み合わせ著者好みでわくわく。

img_4925_r

割った図。中から、芳醇な豊後鶏の香りが立ちのぼって来ます。

鶏の食感はコリッ、フワッ・・と、しっかりした歯ごたえと柔らかさが両立、そして何と言っても香り、旨味が段違いです。

トマトソースジェノベーゼのバジルの香り、マッシュポテト・・文句無しに美味しいです。

img_4927_r

そして、メインの豊後牛すき焼き。

img_4928_r

サシの入り方も美しく、中に野菜も包まれています。

この地点でもう既に美味しいです。どうもご馳走様でした。嘘です。頂きます。

img_4929_r

グツグツグツ・・・

もうこのぐらいのレア加減で頂けるとの事で、早速。

img_4931_r

卵に絡めて、口に運ぶと・・・

ふわっ・・・・

・・・・・

それはまるで、降り積もったばかりの新雪が、スッ・・と溶けていくような。

舌の上で、溶けます。噛んでもいないのに(※と錯覚してしまうほど)

む、ちゃ、く、ちゃ、旨い。今までの人生で食べたすき焼きの中で一番美味しいです。

img_4932_r

この世で最も贅沢なすき焼き定食の完成。いや、このクオリティは銀座で2万円出してもそうそう出ないと思います。

豊後牛は陶板焼きでも最高に美味しいですが、すき焼きもまた格別ですね。

数あるブランド和牛の中で、僕は豊後牛が一番好きです。

img_4933_r

デザートにはいちじくの豆乳花。

食後感もさっぱりで、大満足。ご馳走様でした。

img_4941_r

こちらは朝食のメニュー。

img_4942_r

彩りも豊かで、品目も沢山!

大分名物のとり天、だご汁もちゃんと入っています。

img_4943_r

焼き鯖が最高に旨いです。身も分厚くて、ふんわり、香ばしく、さらに付け合わせの牛蒡も絶妙。

朝からお腹いっぱい頂いてしまいます。

img_4944_r

食後はコーヒーで一息。このマグカップもお洒落で、高級な喫茶店のようでした。

 

個人的な感想まとめ

【総合おススメ度:★★★★★】

チェックインの無料ウェルカムドリンクで、傘とかフルーツとか差して来る本気ぶり。

瞬間、感じました。「ここは・・・本気(ガチ)だ」と。

やはり一番光るのは、昨年オープンしたてという綺麗な内装です。

眺望の良いテラス、デザイナーズの和洋室モダン。

お風呂は、(部屋付、大浴場ともに)コンパクトサイズではありますが、流石の別府温泉、お湯の質はとても良いです。

夕食の品目や盛り付けも、和洋折衷のオーベルジュのような洗練された雰囲気とても素敵で、皿(パイ包み)嬉しい品目。

夕食の豊後牛すき焼きも最高でしたし、朝食の焼き鯖も最高でした。

別府駅の目の前には、確かにアクセス良好な宿が数多くありますが、

敢えてタクシーで15分の立地だからこそ、これほどのホスピタリティと食のレベルを体験出来るのかも知れません。

そう考えたら、1人1泊21600円十二分にリーズナブル。

素晴らしい宿でした。