Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

衝撃体験!「霧島観光ホテル」で起きた、逆に斬新なサービスの全て【鹿児島・霧島】

「霧島観光ホテル」【予算:一人15500円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

プロローグ~チェックイン時編~

ーーーこの日、ある宿に向かった。その宿の名は、「霧島観光ホテル」。予算は1人1泊2食付15500円。

  • ちなみに、九州での1泊15000円クラスは、関東の感覚でいう「1泊20000円」クラスかそれ以上、と捉えると、この後の衝撃をよりスムーズに感じて頂けるでしょう

まず、車を止めようと、宿の駐車場に入ると・・・

車を停めるスペースが全然空いていない。いや、正確にはスペースはいくつか空いているのだが、何故か赤いコーンでほぼ全て封鎖されている。

そこで、仕方なく受付に歩いて行き、状況を伝えると・・

「あっ、はい、じゃあ空いている場所にご自分で止めて下さい

  • 【衝撃1】『車?もちろん付けないよ。赤いコーンは自分でどけて、スリリングな駐車を楽しもう!』

受付でチェックインを済ませた時間、14:40。

「では、15:00にならないと部屋が空かないので、それまで空いたスペースで待っていて下さい

  • 【衝撃2】『部屋は時間厳守!1分も早く空けないよ?えっ、待ってる間のウェルカムドリンク?そんなの無いよ!自販機はその辺にあるからさ!』

そして、15:00を少し過ぎて、受付から名前を呼ばれる。

「お待たせ致しました、お部屋はそこの階段を降りて、通路を渡って別館に歩いて行き、その先にございます。ではごゆっくり」

  • 【衝撃3】『荷物?部屋までなんか運ばないよ?女性客も関係無し!筋肉を鍛えとけ!』

 

部屋・外観編

IMG_4136_R

部屋に到着。あれ?けっこう小奇麗な感じ?

IMG_4137_R

あれっ、部屋付の露天も良い感じ?なんだなんだ、割とちゃんとした宿だったのか。ああー、良かった良かった・・・

そう、思っていました。・・・まだこの時は。

IMG_4139_R

焼酎の販売&試飲コーナー。

IMG_4141_R

100円でおちょこ3杯の試飲が出来る。ここも、まぁ、大きな問題はなく。

ーーーそして、「あの」夕食の時間がやって来たのです。ーーー

 

夕食編

IMG_4143_R

テーブルに付くなり、目に入る品々。

  • 【衝撃4】『メニュー?そんなの無いよ!想像力を養おう!』
  • 【衝撃5】『気付いたかな?みょうが、レモン、プチトマト。そう、飾りは全部コピペだよ!ぺぺッとな!人数分作るの大変だからよ!』

冷めた海老はパッサパサで、上に乗ったおろしダレやたらと塩辛い。

IMG_4147_R
  • 【衝撃6】『陶板焼きにはクッキングシートを敷くよ!その上にマーガリンもたっぷり!うっかり塩とタレ忘れちゃったけど、このベショベショ味でイケるよな!』
IMG_4150_R
  • 【衝撃7】『鍋のアク取り?勿論そんなの無いよ!大量のアクが食欲をそそるだろ?えっ、葛切り?断然マロニーだろ!』
IMG_4146_R
  • 【衝撃8】『ダシ?ダシなんて、顆粒と化調で十分だろ!分かりゃしねーし!』
IMG_4148_R
  • 【衝撃9】『へい、お待ちかねの肉寿司でさぁ!上の肉はなんと、冷蔵庫から出したて!パッサパサのカッピカピ食感で、冷たさ抜群!』
IMG_4153_R
  • 【衝撃10】『シャリも全力を込めてニギニギしたよ!指の形がくっきり付いてるだろ!食感はなんと、冷めたおはぎそっくり!』
IMG_4151_R
  • 【衝撃11】『椀物?とりあえずお土産の饅頭にダシぶっかけといたよ!中心部が冷たいサプライズ付き!』
IMG_4152_R
  • 【衝撃12】『デザートだよ!冷凍のシートケーキで十分っしょ!ぺぺッとな!』
  • 【衝撃13】『あっ、グラタン(※宿のプランに明記された品目)出し忘れたわ!イッケネ!でもまぁ、いっか!』
  • 【衝撃14】『食後の去り際にも、「いらっしゃいませ」と告げるよ!客の誰がいつ飯食ってるかなんて知らねーし!』

 

その他の衝撃まとめ

  • 【衝撃15】『夕食後に部屋に戻ったら、じゃじゃーん!なんと、テーブルの上にゴミ箱が!布団敷きに邪魔だから置いといた!』
  • 【衝撃16】『水道からは強烈な鉄サビの臭いがするよ!歯磨きも洗顔も、鉄の臭いで満たされよう!』
  • 【衝撃17】『夜8時には、部屋中に響き渡る爆音アナウンス!イベント情報をボッフボフの音声でご案内!2回繰り返し!うたた寝なんかすんなよ!』
  • 【衝撃18】『ロビーのピアニストの演奏、聞こえた?もちろん無調律だよ!ガタガタの音階が不安を誘うだろ!』

 

個人的な感想まとめ

【総合おススメ度:逆に斬新(★☆☆☆☆)】

夕食はメニュー表が無く、料理の飾りも「みょうが、レモン、プチトマト」で3皿以上コピペ。

鍋のアク取りもなく、あっという間にアクだらけに・・。

肉寿司はパサパサで冷たく、シャリに至ってはおはぎ同然の食感・・。

椀物はお土産用の饅頭をダシに浸したもので、中心部が冷たいまま。

さらにグラタン(宿のプランに明記の品目)も出し忘れたまま放置。

お部屋の水道からは強烈な鉄サビの臭い、そして夜8時には部屋中に響き渡る爆音アナウンスで仮眠も取れず・・。

チェックイン時、車は付けず、部屋は1分も早く空けず、ウェルカムドリンクも無し、荷物もお部屋に運びません。

これらがもし、一泊5000円だったら仕方ないと感じますが、15000円という価格に対しては大いに疑問です。

お部屋付のお風呂や焼酎試飲はとても良く、ポジティブな側面もあるだけに、食事とサービスがただただ残念で

流石にこれは改善出来る余地があるはずと感じました。

これから素敵な宿になる事を願っております。