Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

草原の絶景露天!和牛と海鮮パイ包み「グリーンピア南阿蘇」【熊本・阿蘇】

「ホテルグリーンピア南阿蘇」【予算:一人16200円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

IMG_4055_R

山道を抜けて、「グリーンピア南阿蘇」に到着!早速部屋に入ってみると・・

IMG_4056_R

和室8畳+洋室8畳以上2間続き!まるでスイートルームのような佇まい。

IMG_4057_R

ベッドから、ふと窓を見れば・・・

IMG_4058_R

広大な草原。ゆったりソファーも完備。

IMG_4060_R

くまモンの可愛いビニールポーチ、不織布ポーチがそれぞれ2セットも!

IMG_4065_R

併設の体育館バドミントンや卓球など体を動かした後は・・・

IMG_4061_R

しっぽりと入浴。

内湯その1。調度良い温度で、窓から景観も。

IMG_4062_R

内湯その2。ヒノキと石で、やや熱めのお湯を、風情を感じながら。

IMG_4063_R

露天風呂。お湯にゆったりと浸かり・・・

IMG_4082_R

絶景を臨む。

 

夕食&朝食編

IMG_4068_R

この日のメニュー。バイキングもありつつ、コースもちゃんと運ばれてくるハイブリッドスタイル。

IMG_4069_R

前菜盛り合わせ。

IMG_4070_R

お造り。馬タタキは、外側の炙りの香ばしさと、内側の鮮度の高い、なめらかな触感。ポン酢で頂き、さっぱり!

IMG_4072_R

だご汁。つるつる、モチモチ食感、あっさりダシ。なかなかイケます。

「だご汁界」で自分にとって不動の1位「山賊旅路」のだご汁(麦)とは、また別の味わいがあります。

IMG_4073_R

椀物。イチジク柔らかなダシが、調和して優しい味に。

そして次のお皿は・・

IMG_4074_R

!?!?

海鮮パイ包み。和食懐石と思いきや、突然ブッ込まれた洋食の一皿。

IMG_4075_R

しかしこれが、なかなか美味しい!

トマトベースの爽やかな酸味のソース、そしてぎっしりと詰まった海鮮の食感。香りと味のバランスが見事

少なくとも、首都圏の某格安フレンチ料理店で食べたパイ包みなんかよりは、全然美味しかったです。あれは酷かった・・・。

IMG_4076_R

和牛の陶板焼き。なんと、旅館側が自社所有する牧場で育てた牛なのだとか。

IMG_4078_R

そんな、こだわりの自社和牛は、サシが多い割に、食後感もあっさりして、それほど脂っこく感じません。

さっぱりと頂きました。

IMG_4071_R

バイキングの品々。ご飯、漬物、天ぷら・・どれも、ちゃんと運ばれる料理のクオリティ。

IMG_4079_R

ソフトクリームも、よくあるバイキングの不味いソフトではなく、割とちゃんとした味でそこそこ美味しいです。

IMG_4080_R

朝食(バイキング)。お味噌汁や煮物、サラダなど、スタンダードにさっぱりと食べられる味でした。

 

個人的な感想まとめ

【総合おススメ度:★★★★☆】

部屋全体で16畳超えの、ハイクラスな部屋。

露天風呂から臨む壮大な草原の景観。

夕食には和牛陶板焼き、海鮮パイ包み、とダブルメインの料理コース。

体育館バドミントンや卓球なども無料で楽しめる。

一部、ラウンジのコーヒーやマッサージ器が有料という点や、

部屋が寒く、温度調整も出来ないという点はありましたが、

この全体のクオリティで定価16200円は、そもそもが破格だと感じます。首都圏だったら30000円は軽く超えるレベル。

阿蘇に来たらマストで一度は泊まっておきたい宿です。