Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

あか牛、赤鶏、馬刺し懐石!黒川温泉「いこい旅館」【熊本・南小国】

「いこい旅館」【予算:一人17300円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

部屋・外観編

IMG_3935_R

旅館入り口。老舗の風格を感じさせられるような佇まい。

IMG_3931_R

お部屋はメイン8畳プラス・・・

IMG_3932_R

全体で10畳ほど。窓の外からは木漏れ日が。

IMG_3939_R

とりあえず、この宿はお風呂の数がやたらと多いので・・・

IMG_3933_R

まずは貸切風呂(無料)へ。ゆったりとプライベートに湯に浸かる。

その後、露天風呂(※撮影禁止)や内湯めぐりへ。お湯は硫黄系で、けっこう強め。湯あたり注意。

がっつり湯治に来られる人には一押しな感じ。

IMG_3934_R

お風呂上がりには、自家製アイスクリーム。

IMG_3936_R

一口食べて、ふわっ・・と香り、サラッ・・と溶ける。

添加物の一切無い、ジャージー牛乳と地鶏卵の、クリーミィで爽やかな風味。美味しいです。

温泉ゆでたまごも、さっぱりめで旨し。

IMG_3965_R

お布団もモダンな感じで、カラーが好み。

 

夕食&朝食編

IMG_3949_R

この日の夕食メニュー。カタカナが多い、著者の好きな和洋折衷系コースの予感。

IMG_3945_R

夕食はお座敷へ。

IMG_3946_R

馬刺し、マスのお造り。ちゃんと白いタテガミもついている!冷凍ながら品質も良く、まったりと口の中で蕩ける。

相対的に比較すると、僅差で「菅乃屋」に軍配が上がるものの、こちらも十分美味しいクオリティ。

IMG_3947_R

一品一品も作りがとても丁寧で、随所に細やかな気遣いが感じられる。

IMG_3948_R

来ました!あか牛と赤鶏のダブル溶岩焼き。

見た目からして、サシも良く、期待感が高まる。

IMG_3950_R

ジュワ~ッ・・・

IMG_3952_R

ぱくっ・・

あか牛の柔らかく上品な食感、赤鶏のコリッとした歯ごたえとコク・・どちらも美味しい!

IMG_3953_R

自家製おでん。これ、見た目はシンプルながら、本格料亭のレベルの味です。しかも、食べ放題。

IMG_3954_R

鮎の姿揚げ。苦味もほぼなく、抹茶塩との相性が抜群!サクサクッ、さっぱり。骨までおいしく頂けます。

IMG_3955_R

ロワイヤル。「えっ、茶碗蒸しじゃないの?」と思って食べてみると・・・

オリーブオイルの香りと、ふんわりした食感・・見事に洋食の一皿でした。これは感動レベルの、初めての美味しさ。

IMG_3956_R

ナスとトマトの焼き物も、なんとも小洒落ています。

IMG_3957_R

お食事。お米もふんわり、一粒一粒もしっかり。お味噌汁、漬物もちゃんと自家製。

やっぱり阿蘇エリアはお水が絶対的に良いので、汁物や全ての料理がワンランク上の味に感じられます。

IMG_3958_R

クリームブリュレ自家製アイス、ボーロ。最後まで抜かり無く、完成度の高い和洋折衷懐石でした。

IMG_3966_R

朝食。お腹いっぱいが約束されたボリューム。さつまいもと梅干しのおかゆが、優しい味。

IMG_3968_R

蒸し野菜もシャキシャキで新鮮。

 

個人的な感想まとめ

【総合おススメ度:★★★☆☆】

老舗の情緒あふれる宿の外観と内装。周囲の散策も楽しめる。

木漏れ日の差す、小綺麗な10畳部屋。

他に類を見ないほど多い、10種類以上の風呂。名湯と称されるに相応しい、強めの温泉。自家製アイス温泉玉子無料の足湯。

馬刺し、あか牛、赤鶏地元食材を網羅した、お造りからデザートまで抜かり無い完成度夕食。

定価17000円クラスの宿としては、特に食事内容が素晴らしいという点で、抜きん出ているのではないでしょうか。

ただ一点、食事の席は座敷(またはテーブル)で、間隔が狭苦しく、また、何故か客層があまり良くないため、

隣に始終大声で騒ぎ立てる老人グループなどと当たると、せっかくの食事の美味しさも台無しになってしまう。

一部、采配に疑問点は残るものの、阿蘇エリアのファンとして、今後の期待も込めて是非応援したい宿です。

 

散策編(おまけ)

IMG_3960_R

宿の外には、無料の足湯エリア。

IMG_3959_R

焚き木を囲んでまったり。

IMG_3963_R

ザァアア・・・

川の流れを見つめていると、心が洗われていくよう。

・・・時には寛容さを持つ事もまた、1つの成長の糧になり得るのかも知れません。