Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
岩波ランキング

バーガー王決定戦!?日本全国で最も旨いグルメバーガーTOP8

【第8位】TEDDY’s Bigger Burgers(神奈川・港北)

IMG_2032_R

ハワイ系「テディーズビガーバーガー」。

付け合わせのコーンチップスが可愛い。

IMG_2033_R

こだわりを感じる、何層にも重なったオリジナルソース。

USビーフの肉肉しい歯ごたえを感じられるパティ。

ボリューム感あるチーズ。

いわば、ハワイアンバーガー界の「卒なくこなす秀才」といった感じ。

 

【第7位】ハラカラ(東京・三軒茶屋)

IMG_8006_R

三軒茶屋の小道に入ったところにある「ハラカラ」

なんと、よなよなエールを生で飲める希少なバーガー店。

バーガーの方も、無添加にこだわった作りの家庭的な味で、「お母さんのハンバーグ」っぽい感じ。

レタスもたっぷりで、目を引く。

お腹いっぱい食べても全くもたれず食後感もさっぱり

 

【第6位】からつバーガー(佐賀・唐津)

IMG_3718_R

唐津の、虹の松原の中にひっそりと佇む・・・

IMG_3714_R

バスを改造した屋台「からつバーガー」。

IMG_3717_R

何と、注文すると出来立てを車まで直接持って来てくれるという、一歩進んだドライブイン。

「スペシャルバーガー」は、スパイシーで酸味の効いたソースがたっぷり。

肉、ベーコン、オムレツ、チーズ・・・

具材の全ての層が、きちんとした食材で、優しくもスパイシーに調和している。

見た目よりもしっかりお腹も膨れて、満足感がある。

400~500円台でコスパも良い。

 

(※)【第5位】KAHALA(神奈川・港北)(※閉店)

IMG_5374_R

惜しまれつつも閉店してしまった、ハワイ系バーガーの「KAHALA」。

タワー感あふれるスペシャルバーガー蠱惑的なビジュアル。

周囲に散りばめられた、あみあみポテト

添えられたピクルス。

少年の願いが、そのまま実現する瞬間である。

IMG_5375_R

近づいて見れば、この具材ごとの分厚さ。

正直、ビジュアルのパワーに関して言えばトップクラスだと感じる。

味はスタンダードに、シンプルにケチャップとマスタードで。

 

【第4位】T.G.I.Fridays(東京・六本木)

IMG_5931_R

アメリカンダイナー「T.G.I.Fridays」の看板メニュー、「ジャックダニエルバーガー」。

2000円オーバーの値段に劣らない、ドリーミィなボリューム。

ポテトにもガーリックが効いていて、細部へのこだわりを感じられる。

肉にも洋酒が効いていて、芳醇な香りがまるで、洋食の一皿のような品格。

IMG_5932_R

揚げたてのオニオンリングがバーガーに挟まっているなんて・・・

はっきり言って、禁じ手。ズルい。

 

【第3位】Bubby’s(神奈川・みなとみらい)

IMG_6895_R

ビーフパティのシズル感と、ポテトのガーリック感に絞って言うなら、バビーズは最強クラスであると言えるでしょう。

IMG_6896_R

お皿に乗ってテーブルに運ばれた瞬間にも、滴り落ちていく肉汁。

堪らずかぶりつくと、じゅわっ・・・・

幸せは滴り落とさず、しっかりと口で受け止めましょう。

IMG_0652_R

チキンサンドも、感動的な旨さ。

みなとみらい近くの住民が、いつでもこのレベルのバーガーにアクセス出来る事に、正直ジェラシーを禁じ得ない。

 

【第2位】ハングリーヘブン(福岡・天神)

IMG_2825_R

第1位と最後まで迷った、ハングリーヘブン。

ポテトからしてこのボリューム。

IMG_2826_R

トロトロのチーズが溢れるのは、分厚いベーコンの上。

シャキシャキのレタス、トマト、そして香ばしいゴマ入りバンズ。

そして、しっかり主張する、他の具材に負けていないビーフパティ。

これほどのボリューム、ビジュアル、味。

完璧に3拍子揃った、フクオカンドリームなハンバーガーである。コスパも首都圏より良い。

IMG_2824_R

こちらは照り焼きバーガー。

特製ソースがパティから下のバンズまで滴り落ちていく様は、

さながらバーガー界のナイアガラの滝と形容して差し支え無いだろう。

 

【第1位】フェローズ(東京・表参道)

IMG_2114_R

表参道、一見控えめに佇む一軒家。

そう、「フェローズ」である。

IMG_2110_R

(※自分の脳内で勝手に)「グルメバーガー界のラヴォス第二形態」とも称されるこの店に、足を運ぶ時がやって来た。

<<ピギャャャアアアアアアア・・・・・(※脳内効果音)>>

IMG_2111_R

<<バワワワバワワワバワワワバワワワ♪>>

チーズエッグバーガーが運ばれて来る。

ガブッッッ・・・!!!

IMG_2112_R

シェフの手によって、炭火でじっくりと一枚一枚焼かれたビーフパティ。

冷凍ではない肉の新鮮な旨み、そしてバンズの焼き加減徹底してこだわられている。

そのボリューム感もさることながら、もはやハンバーガーの枠を超越した、

そのままステーキとして食べても何ら遜色ないクオリティ。

全てが完璧に調和して、文句無しに旨い。

というか、旨すぎる。

IMG_2113_R

<<バワワワバワワワバワワワバワワワ♪>>

こちらは照り焼きバーガー。

もう正直、この味のレベルに達してくると、比較どうこうというよりも、好みの問題になってくるかも知れない。

間違いなく、日本最強クラスのグルメバーガーです。