Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
岩波ランキング

【第1回】福岡グルメランキング!僕が最も感動したオススメ店TOP10

【第10位】サニーサイドアップ(天神)

IMG_3821_R

黒毛和牛使用グルメバーガーという事で評判の、サニーサイドアップ。

ポテトやや萎び気味であり、好みが分かれそうなところ。

IMG_3825_R

横から見た図目玉焼きとチーズが存在感あり。

黒毛和牛」としてのアタック感が前面に出ている感じではないものの、全体的には、丸くまとまっている印象。

IMG_3824_R

チキンバーガー肉のボリュームもあり、タマネギとソースの香ばしさと合わさって美味しい!個人的にはこちらがオススメ。

 

【第9位】めい泉(西区)

IMG_3746_R

無添加・自家製麺うどん「めい泉」モチモチ系で柔らかい、いわゆる博多のうどん。

麺は本当に「モッチモチ」を突き詰めた感じで、小麦の風味と香りも豊か。美味しいです。

天ぷらもサクサクで量もたっぷり。

IMG_3745_R

かき揚げ丼セットにしたら、間違いなくお腹いっぱいになれます。

IMG_3744_R

こちらは明太チーズうどん。こってり、濃厚!

 

【第8位】チーズダイニング アンジェロ&ミカエル 大名店(天神)

IMG_3828_R

福岡でのチーズ料理専門店は初めてだったので、期待を込めて「チーズダイニング アンジェロ&ミカエル」初来訪。

まずは、チーズフォンデュ。

IMG_3827_R

2種のチーズ。プレーン系ネギ&明太系。トロトロでややクリーミィ。

あわせて読みたい
超長いウォータースライダー!?「ホテルオークラJRハウステンボス」でビールと水祭り!【長崎・佐世保】「ホテルオークラJRハウステンボス」【予算:一人16000円(宿泊&朝食&満喫チケット付)】 【※本ブログ記事のポリシーについて】 ...

ハウステンボスの「粉感が強い」チーズフォンデュとかに比べたら、やや万人ウケしそうな感じ

IMG_3826_R

具材。トルティーヤにソーセージや野菜、フルーツを巻いてチーズにディップするスタイル新鮮に感じた。

IMG_3829_R

女子ウケしそうだなーこれ。

欲を言うなら、具材のクオリティがもう少し高ければ、よりリーズナブルな納得感があったかも。

IMG_3831_R

看板メニューチーズリゾット。巨大なチーズをおもむろに削りとり・・・

IMG_3833_R

何とそのまま、容器としてリゾットを投入。豪快にかき混ぜていく。

IMG_3834_R

石焼チーズリゾットが完成。グツグツと煮立っています。

早速食べてみると、濃厚なチーズの香り、そして強い甘み。

味の好みはおそらく分かれるでしょう。しかし、チーズ容器をまるごと使った調理のエンターテイメント性とても面白いですね。

 

【第7位】わっぱ定食堂(天神)

IMG_3371_R

ボリューミィな定食が評判の「わっぱ定食堂」。

ライスの代わりに、手作りのカレーを付ける事が出来る。

写真はチキン南蛮+ミニカレー定食。

「チキン南蛮をカレーのトッピングとして解釈」しても贅沢だし、「定食にカレーソースが付いている」と解釈しても、やっぱり贅沢

岩波「八方ふさがりかっ!!!!(怒)」

IMG_3370_R

こちらはチリチキン+ミニカレー定食。

OLランチにも大人気の理由に納得。

 

【第6位】37PASTA(博多駅ビル)

IMG_2816_R

ランチで1000円台にも関わらず、37種類もの美味しい生パスタが食べられるという、「37PASTA」。

写真は明太子とシーフードのクリームパスタ。

麺はモチモチでコシがあり、小麦の香りと風味も豊か。

明太子のクリームソースも、流石は地元の特産。まろやかでコク深く、フォークが止まらなくなる。

全体的に完成度が高く、美味しい。

岩波「駅ビルでこのレベルの味・・・だとっ・・・!?」

IMG_2815_R

こちらはサーモンとイクラのほうれん草練り込みクリームパスタ。

リーズナブルな価格帯を考慮しても、文句なしに美味しい。

『『美味しい生パスタだと、ランチでも2000円以上はかかるよね・・』』

そう考えていた時期が、私にもありました。

 

【第5位】ホルトの木(西区)

IMG_3352_R

西区のイタリアンで評判の、「ホルトの木」

生ハムが贅沢に乗ったサラダ。

IMG_3355_R

ラグーソースのパスタ。

極太の平打ち麺は、コシの強いきしめんのような歯ごたえで、

肉の香ばしさ、チーズの風味と交わり・・濃厚!

IMG_3353_R

窯焼きピッツァ。

ビジュアルはシンプルでありながらも、

上に乗ったサラミが良質で、絶妙な塩気

写真で見た感じよりもずっと美味しい。

IMG_3356_R

デザートも抜かりなく。ココアパウダーでお店のロゴを描くアイディアが素敵

 

【第4位】太郎源(博多)

IMG_2817_R

一見、ひっそりと地下に佇む居酒屋、「太郎源」

不思議な力に吸い寄せられるように、立ち寄ってみると・・

お造りから、もうレベルが高い。

20000円台の温泉旅館クラス。

IMG_2820_R

新鮮なイカの天ぷらを頂き・・

IMG_2819_R

お店の人気メニューマグロの頭焼き。

・・・・って、えっ?

IMG_2818_R

岩波「量、多っ!!!(※これで一人前)」

しかも、めちゃくちゃ脂が乗ってて、旨い。

価格破壊のみならず、物量破壊。

あわせて読みたい
極旨!コスパ抜群の3000円で美味しい東京ディナー3店〜和食編〜やまと楽【和食・新宿】 予算:一人3000円〜5000円 新宿3丁目駅付近のビルに入っている、和食屋さん。 店内はオープン...

「今までの人生で最も記憶に残ったマグロ頭焼き」のトップ記録を見事に塗り替えました。(まぁ、この物量もズルいけど・・)

IMG_2821_R

〆のお茶漬けには、お行儀よく明太子がスライスで乗っていて、ニクい。

 

【第3位】ハングリーヘブン(天神)

IMG_2826_R

まずは、このビジュアルを見て頂きたいのです。

・・・そう、もう言葉は要らないでしょう

(写真はベーコンチーズバーガー)

IMG_2824_R

個人的に、表参道の「フェローズ」の感動に迫るグルメバーガーは、そうそうないかなぁ・・と思っていました。

ありました。福岡に。

(こちらの写真は照り焼きバーガー)

 

【第2位】焼とりの八兵衛(天神)

IMG_3332_R

以前、「天神信長」福岡の焼き鳥に対する猛烈な感動を覚えた著者は、今度は「焼とりの八兵衛」に挑戦。

IMG_3331_R

山崎ハイボールと、食べ放題キャベツ。

IMG_3333_R

軟骨トロトロ焼。

とろっ・・・ふわっ・・・

そして、鼻から抜ける炙りの香ばしさ。タレの甘味と塩味。

絶品。

IMG_3338_R

手羽先。

IMG_3335_R

レバー。

IMG_3341_R

手作りつくね。あえて卵黄を絡めないで食べるスタイル。こちらも絶品。

IMG_3343_R

牛すき焼き風串。

世にも贅沢な、この世で最もコンパクトなすき焼き。

IMG_3345_R

〆の「鶏飯(けいはん)」。

焼き鳥屋でありながらも、スープに全く妥協しておらず、

め、ちゃ、く、ちゃ、旨い。

むしろこれをメインディッシュに、チェーン展開して欲しいぐらい。

 

【第1位】まるたんや(赤坂)

IMG_3296_R

入るなり、期間限定ハイボール1杯100円という衝撃。

岩波「冗談なのだろうか?ふざけた・・グビッ・・真似を・・グビッ、おかわり下さい」

真偽を確かめるため、5杯ほど頂きました。1杯100円でした。

IMG_3297_R

お通し。

岩波「・・・・これが?お通しのクオリティ?ふざけているのだろうか?」

IMG_3298_R

牛タンステーキ。

IMG_3299_R

焼石でジュワッ・・と軽く焼いて食べる。

さっくり・・まったり・・。

あわせて読みたい
独断!日本全国で食べ物が美味しいグルメ県ランキングTOP5~路上ライブ旅編~※前置き〜本記事の内容について〜 本記事は、特集「日本全国路上ライブの旅」のおまけコーナーとして、 北海道や沖縄を含め20県で色...

ふと胸に去来する、仙台「利休」で食べた牛タン定食の感動。

ああ・・あの感動が、再び・・・。

IMG_3300_R

牛タン刺。完全に生。

まったり、ふんわり。

甘味のある九州の醤油で食べると、至高。

IMG_3307_R

牛タン握り。

ひとときの、幻。

IMG_3310_R

牛タンハンバーグ。

中身のレアさが、妖艶

IMG_3311_R

〆の冷麺。旨い。

IMG_3305_R

〆の肉飯。旨い。

IMG_3302_R

〆のガーリックチャーハン。

まろやかな醤油のコク、甘み、そしてバターの香り、良質な牛脂の旨み、石焼の香ばしさ・・・

シンプルな見た目なのに、めちゃくちゃ旨い。

岩波「・・・この店は、一体どうしてしまったのか?」

ーーー『This is f*ckin’ insane. It’s just …damn good.』

『正直言って、頭おかしい。・・・旨すぎるんだ。』ーーー

(Kei Iwanami, 1989 – ?)