Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宿泊体験記

地獄が目の前!?「雲仙宮崎旅館」で長崎グルメと乳白湯!【長崎・雲仙】

「雲仙宮崎旅館」【予算:一人16500円(1泊2食付)】

【※本ブログ記事のポリシーについて

ただただ、正直に。

ポジティブな情報も、ネガティブな情報一切、包み隠さず。

本当に信頼できる情報を、何よりもユーザーの皆様に提供するために、

日々、誠実なレビューをご提供します。

 

地獄への道編

IMG_3713_R

長崎の道路は、とにかく広大!ドライブも気持ち良い。

あわせて読みたい
十勝の雲海!「カミホロ荘」で、キツネと、霧と、酸性湯。【北海道・上富良野】「カミホロ荘」【予算:一人8000円(1泊2食付)】 【※本ブログ記事のポリシーについて】 ただただ、正直に。 ポジティブ...

ある意味で地獄のようだった十勝のドライブと比べると、本当に地獄へ続いているのか?と思ってしまうほど。

IMG_3709_R

山道を登っていくと・・・

IMG_3694_R

遠くで何やら煙が上がっている場所が。

近づいてみると・・

IMG_3687_R

THE 雲仙地獄 (Simple2000)

とりあえず、硫黄の臭いがめちゃ凄い。

IMG_3692_R

ボコボコボコボコ・・・・

なんか沸騰?してるし。

IMG_3691_R

地獄から直結している広い謎の庭園を進んでいくと・・・

 

部屋・外観編

IMG_3681_R

「雲仙宮崎旅館」に到着。

IMG_3657_R

庭園からロビーに直接入れるという、ユニークな構造。

IMG_3658_R

ウェルカムドリンク抹茶ラテ。

庭園を眺めつつ、ほっと一休み。

このチェックイン前の+αは、嬉しいですね

IMG_3660_R

お部屋は10畳+2畳、眺望もなかなか良好。

IMG_3661_R

「THE ウェルカムドリンク act.2 ~抹茶の再襲撃~」

なんと、お部屋でも再びウェルカムドリンク。これは充実感を感じざるを得ません。

IMG_3705_R

内湯。オフシーズンは貸し切り状態で、広々と。

IMG_3706_R

露天風呂。硫黄の香りが立ち込める、濃厚な乳白色の温泉。

ジワジワ~・・っと体の芯から温まりかなり効果が「強め」の部類。

IMG_3707_R

打たせ湯も充実。

IMG_3676_R

部屋に戻り、窓から地獄を眺めているうちに・・・

IMG_3677_R

日も暮れて・・

IMG_3684_R

気が付けば、夕刻。

IMG_3697_R

夜にはお汁粉のサービスも。

IMG_3695_R

ちょうど七夕の時期ということもあり・・・

IMG_3696_R

この中のとある1つに、願いを書き連ねてみたり。

 

夕食&朝食編

IMG_3662_R

夕食メニュー。

長崎牛、車海老、ひらめの3種食べ比べという事で、わくわく。

IMG_3663_R

お部屋食なので、ほぼ全部いっぺんに並べてもらい最初から「おおっ!」と感じる。

左上がひらめ刺し。

フグ刺し風という感じで、味もさっぱり

IMG_3667_R

スタンダードな感じお造り。

IMG_3674_R

鶏の治部煮。

愛媛で食べた「鴨の治部煮」は、鴨ダシの香りと旨味が前面に出る感じでしたが、

こちらは風味が柔らかくて、ダシが優しく、繊細に効いている感じ。

IMG_3664_R

車海老は、まるごと・・・

IMG_3672_R

踊り蒸し。(※配慮により過程は省いています)

蒸して赤く染まった海老は、新鮮でプリップリ。

白ワインが軽く効いてポン酢と合わさり、和洋折衷の見事な調和を呈する一皿。

IMG_3666_R

長崎牛と野菜も、

IMG_3670_R

陶板焼きでジュワーッと。

口に運んでみると・・キュチッ、とした歯ごたえ、柔らかさ、赤身の風味が強め。

赤い藻塩で、牛肉本来の香りと味を楽しめる。

USビーフが好きな人にもウケそうな感じ。

「ザ・霜降り」といった雰囲気の豊後牛(ぶんごぎゅう)とは、また違ったテイストで、どちらも甲乙付けがたいほど美味しいですね。

IMG_3671_R

お吸い物。

こちらもダシが本当に繊細で、自然。(あごだし系だろうか?)

IMG_3675_R

お食事とデザート。

器も綺麗で、全体的にも高い満足度

IMG_3701_R

こちらは朝食メニュー。

IMG_3702_R

手作りのお豆腐に、自家製ダシ醤油をかけて頂くと、とても美味しい!

ここは、お吸い物から醤油から、ダシに対するこだわりが半端ではない、と感じます。

IMG_3703_R

きんぴらごぼうが特に美味しい。

シャキシャキの大根、ごま、唐辛子・・

このままおかずとして、ご飯と一緒にバクバクいける。

IMG_3704_R

珍しい、焼き魚でフグ。

淡白な風味に、ダシ醤油をかけて、お漬物と一緒に食べると、「贅沢な焼魚定食」感が。

 

個人的な感想まとめ

【総合おススメ度:★★★★★】

雲仙地獄の目の前、眺望も良好。

硫黄臭立ち込める、効用あらたか乳白色の温泉。

二度のウェルカムドリンク、夜はお汁粉サービス、お風呂上がりにアイス、朝は目覚めの梅干しとお茶、etc・・

長崎牛、車海老、ひらめ豪華3種食べ比べ。

サービスや対応も非常に丁寧で、ハイクラス旅館の水準を明確にクリアしていながらも、

1人1泊2食付で16500円(定価)というのは、定価でも値段以上の満足度を得られるとても良い温泉宿ではないでしょうか。