Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
グルスポ紀行

北海道札幌市の魅力。海鮮、豚丼、味噌ラーメン。~グルスポ紀行~

「根室花まる」編

IMG_2909_R

札幌駅に到着し、まず最初にやって来たのは駅ビル「根室花まる」

IMG_2918_R

この日のオススメメニュー。

IMG_2912_R

サーモン紅鮭の鮮やかな色彩が食欲をそそります。

食感はさっくりとして、ちゃんとした「鮭」を食べてる感じ。

IMG_2920_R

こちらはサーモンの「時しらず」

中トロのようなねっとり食感。

IMG_2914_R

そして、いくら軍艦。

このプチプチ感で、「あぁ、北海道に来たな」実感が湧きます。

IMG_2911_R

人気メニューの「炙りえんがわ焦がし醤油」

ホルモンのような濃厚な脂感、炙りの香ばしさ、甘めの醤油タレ、白ゴマ。

シャリにまで炙りエリアが到達しているあたり、ズルいですね。ビールが止まらなくなります。

IMG_2913_R

炙りサーモン。

焼きハラスの、かなりこってりとした脂感

IMG_2915_R

サーモン中落ち軍艦。

IMG_2916_R

イカげそ天。

揚げたてでいただくと、身がプリップリで、分厚くて、活き活きしてる。

IMG_2917_R

釜揚げこなご。

食感や味は、しらすをそのまま巨大にしたような感じ

IMG_2919_R

青ぞい。

食感はねっとり、味はさっぱり。

IMG_2926_R

熟成ひらめの昆布〆。

旨味を程よく浸透させるタイミングは、とても繊細なのだとか。

IMG_2927_R

さんまのつみれ汁。

お寿司屋さんのつみれって、身が新鮮で食感もツブツブ感があって、やっぱり美味しいですね。

 

「北のグルメ亭」編

IMG_2947_R

メニューからして、扇情的なまでにイクラに占められたビジュアル

ここのイクラは漬けダレの種類によって2種類あるのだとか。

IMG_2948_R

まずは定番メニューの「海鮮丼」

なるほど、納得の貫禄これが北海道の凄み・・・

IMG_2950_R

やはり、イクラ推しなだけあり、イクラは圧巻の弾力。

一粒、お皿に落とすと、「ポーン、ポン、ポンポンポン・・・」軽快に跳ねる

関東ではなかなか見られないこの現象は、「イクラスーパーボール現象」呼ばれません。

IMG_2949_R

裏側からみた図。

マグロねっとりと柔らかくなかなかイケます

IMG_2952_R

こちらは「かにいくら丼」。

丼の奥深くまで到達するイクラと、カニのほぐし身がギッシリと詰まっていて、食べごたえもなかなか。

IMG_2956_R

水槽のカニや、

IMG_2955_R

エビの数に驚愕。

 

「魚一心」編

実は以前、「日本全国路上ライブの旅」で、札幌でお世話になった人に連れていってもらい

当時、サーモンとイクラのクオリティに感激し、「お寿司」の概念を根底から覆されるキッカケになったお店、「魚一心」。

IMG_3005_R

個人的にも思い出深いお店に、再来訪

IMG_3010_R

カニ汁。

カニの殻がガッツリ入っていると、ビジュアルでもそそられます。

IMG_3007_R

サーモンいくら軍艦。

このコンビ、永遠なれ。

IMG_3011_R

炙り3貫盛り。

IMG_3013_R

とびっ子、

IMG_3012_R

カニサラダ、

IMG_3009_R

ネギトロ軍艦。

シャリを上回るボリュームのネタは、やはりドリーミィ。

 

肉編

IMG_3014_R

札幌駅ビル「豚丼いっぴん」。

IMG_3015_R

ロース肉とバラ肉の2種類の豚丼が楽しめます。

IMG_3016_R

タレ、直火の香ばしさ、白髪ネギ。

シンプルだからこそ、お肉本来の美味しさが際立ちます。

IMG_2996_R

次は「さっぽろジンギスカン本店」

IMG_3004_R

こだわりが評判のタレはスパイシーややエスニックな、香ばしい味わい。

IMG_3003_R

なんと、ジャスミン茶で割って食後に飲める、というユニークな組み合わせ。でもこれが不思議と合うんです。

IMG_2998_R

一度も冷凍していない生ラムは、ほぼ全く臭みがなく・・・

IMG_3001_R

焼いている時の香りは、

IMG_2999_R

芳しき大地の調べ。

食感は、さっくりとして、柔らかく、まろやかな旨味と甘味があり、タレと完璧に調和して、

それをタマネギと一緒に口へ運び、そして黒ビールを一気に・・・。

 

ラーメン&居酒屋編

IMG_2939_R

数ある味噌ラーメンの中でも、アップデートな感性の味で評判なのが、「らあめん新(ARATA)」。

IMG_2940_R

早速注文、味噌ラーメン。

IMG_2941_R

全体的に、驚くほどあっさり!上品で女性にもウケそうな感じ。

味噌のこってり感は控えめでありながらも、中細のツルモチ食感の麺と絡みサラサラっといけてしまう一杯。

〆には最高ですね。

IMG_2942_R

こちらは冷麺

麺は細めなのにコシがしっかりトゥルトゥルッ・・と、あっという間に無くなります。

IMG_2934_R

居酒屋「開陽亭」。ちょっと中華店を彷彿とさせるような看板。

IMG_2935_R

白州ハイボールと、お通し。甘じょっぱいイカが、エンドレス箸。

IMG_2936_R

名物「カニクリームコロッケ」。中を割ってみると・・・

IMG_2937_R

THE☆MI GA GISSHIRI。

あわせて読みたい
極旨!コスパ抜群の3000円で美味しい東京ディナー3店〜和食編〜やまと楽【和食・新宿】 予算:一人3000円〜5000円 新宿3丁目駅付近のビルに入っている、和食屋さん。 店内はオープン...

上記事のお店で食べた時もそうなのですが、

本当に美味しいカニクリームコロッケに出会うと、「絶対また食べたい!」と固い決心が生まれます。

IMG_2938_R

こちらも名物の「うにぎり」おにぎり中央部にも、ウニペーストがたっぷり入っています。濃厚。

 

円山動物園編(おまけ)

以下、ダイジェスト画像にて。

IMG_2992_R IMG_2991_R IMG_2988_R IMG_2985_R IMG_2983_R IMG_2976_R

個人的に好きな、オオカミさん。

なかなか人懐っこい表情を見せてくれます。