Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
飲食体験記

和牛グリルと生パスタの芳醇イタリアン。銀座「アロマフレスカ」【飲食記】

「アロマフレスカ」(イタリアン・銀座)

予算:1人8500円〜(ランチ)、13800円〜17800円(ディナーコース)

IMG_2236_R

白基調の、気品が漂う店内。

IMG_2238_R

ランチコースには、炭酸水乾杯。

IMG_2239_R

オリーブの小皿が、琉球ガラスのようなデザインで可愛らしい。

この日のメニュー

IMG_2240_R

前菜からワクワク感。

「春の香りの車海老フライ」は、パリパリ食感とあっさり塩味が、ややアジアンテイスト好みの味。

IMG_2241_R

うなぎとキャビア、じゃがいものフィルム。

一口で頬張ると、うなぎのあっさり感キャビアの濃厚さ口の中でほろっ・・と調和します。

IMG_2242_R

個人的に大好きグリッシーニ。チーズの香ばしい薫りを楽しみながら、パリポリと。

IMG_2244_R

槍烏賊のソテー。

IMG_2243_R

オリーブオイル、香草、ガーリック・・

シンプルな構成でありながら、絶妙な塩加減、焼き加減。これは本当に美味しい。

個人的に、この日のメニューで一番強く印象に残りました。

IMG_2245_R

春の香りを少し。

この、器の贅沢な面積感、これ見て下さい。

いざとなったら、裏返してライドシンバルに出来るあたりが、職人さんの粋でしょうか。

ドラマーにしか伝わりませんね。

IMG_2246_R

本当に、フワッ・・・と、かすかに香ります。

タケノコのエッセンスというか、スープと称するにも少し違う、儚げな佇まいです。

IMG_2247_R

桜マスと黄ニラのタリオリーニ、カラスミ風味。

IMG_2248_R

黄ニラのガツンとした強い臭い、カラスミの強い薫り、桜マスの濃厚なクセ。

ビジュアルの爽やかさとは裏腹に、かなり力技でまとめ上げられた感じです

生パスタという事で、モチモチとした麺の食感や、小麦の香りが引き立つ風味個人的には期待していたのですが、

麺がダルダルでヌードルメーカーっぽいというか、全体的にも重たくぶっちゃけ屋台の焼きそばを食べてるみたいだった。・・・この一皿だけは、惜しい。

IMG_2249_R

柑橘のシャーベット。

「それはそれは、酸っぱいシャーベットでございます」という説明に劣らず、キュッと味覚が引き締まる。

IMG_2256_R

豚のアッロースト、蜂蜜とスパイス添え。

IMG_2257_R

スパイスが驚くほど鮮烈で、カラフルな香りというか、活き活きしてる。

サクッ・・・とした、良質な豚肉の歯ごたえと絡まり、蜂蜜の甘味とコクも絶妙に効いている。めちゃくちゃ美味い。

IMG_2251_R

こちらは(もう一種の肉料理)、和牛のステーキ。

IMG_2252_R

牛肉単体で味わうだけでも、まるで熟成肉のような深い旨味と香りが口中に広がっていく。

そこに付け合わせを足していくと、それぞれの組み合わせによって、牛肉のまた違った側面が引き出される。

肉料理は2皿とも、本当に美味しい。絶品。

IMG_2258_R

季節のドルチェ。

IMG_2259_R

柑橘ゼリーとマンゴーで、さっぱりと。

IMG_2260_R

季節のドルチェ。(もう一種)

IMG_2261_R

わた菓子と、苺のソース。

見た目の意外性も含め、面白い!

IMG_2262_R

食後のコーヒー・紅茶お菓子。

ラテアートも抜け目ないですね。

 

個人的な感想まとめ

【総合オススメ度:★★★☆☆】

綺麗にまとまった前菜、スープ。

シンプルな味付けながら、一番印象に残った、「槍烏賊のソテー」。

2種類とも絶品肉料理

ただ一点、惜しかったのは今回の生パスタ。特に、麺が致命的。

炭酸水、サービス料、税など諸々込みで、一人約10000円程度。

総合的には、「パスタさえ良ければ、文句なし」・・・でした。